自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]グリザイア ファントムトリガー 第1-2話の感想
2017-06-29 Thu 00:00
<作品名>     グリザイア ファントムトリガー 第1-2話
<製作会社名>   フロントウィング



ファントムトリガー1-2話

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シナリオ : 【 S 】
舞台をグリザイアシリーズと同じとした美浜学園に置いた作品で前作までで人気を博したシーンやテーマなどを引き続き使用。

1話では主人公…らしきハルト目線で語られることはなく、新任教師「有坂」から見た作品となっている。
物語の導入部分的な意味合いが強く、一つの事件を解決すると終了してしまう。
そのためキャラクター狂気性以外の過去や状況などは基本的に判明しない。
また、銃や戦闘に関する専門用語・知識などがもたくさん飛び出るため、一部の人間にとっては嬉しく、そうでない人にはあまり楽しく内容になっているかもしれないが、このグリザイアでは平常運転と言える。

2話からが今作との本番と言える内容となっており、視点も主にハルトから見たものとなっているが、わりとコロコロ変えてきており、第三者視点で考えることの方が多いかもしれない。
今作でメインとなっているのがレナであり、彼女の過去等と共に前作までの魅力であった銃撃(格闘)戦やカーチェイス等等燃えるシーンが多く入れられている。
また、懐かしいキャラクター(や話)も時々話に出てきたりもするため、見どころは多い。

【推奨攻略順 : 選択肢無 】
選択肢がないので…。


CG : 【 S 】
前作までのものと比べると立体感が薄れ、塗りが一段と淡くなった印象を受ける絵。
シリーズものということもあり、どうしても分量は少なめではあるが、質は確か。
SD絵も多数存在する。


音楽 : 【 S 】
BGM15曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
前作に似たBGMのものもあるが、基本的には新規…のはず、作中では前作で使われていたBGMも何曲か登場しているのを確認している。
内容としては戦闘シーンのものが目立つが、以外にも日常シーンで使われる落ち着いた雰囲気のBGMに質の良いものがそろっているイメージ。
Vo曲は個人的にEDがしっかりと歌われている感じがして好き。
OPでもいいくらいすっきりとしているので是非聞いてみてほしい。


お勧め度 : 【 S 】
グリザイアスタッフの手掛ける新シリーズ。
1話、2話ともに攻略時間が各3-4h程度と非常に短いが、内容としては十分に詰まっているためグリザイアシリーズが好きだった人はプレイしても損はないはず。


総合評価 : 【 S 】
シリーズものなので評価としてはこの程度ではあるが、内容は保証したい。


(ぶっちゃけコーナー)
グリザイアスタッフ制作ということで、やっぱりあの3作品くらいのレベルを期待してしまうんだけど、シリーズものってのは評価難しいよなぁ。
前回の評価でもいってたけどどれくらいのスパンなのかが気になる。
あと1作で完成してるわけではないってのもなぁ…。
面白くはあるんだけど、こういうのが増えるのはそれはそれで複雑な気分だわ…。
そういえばEDは…アレはなんなんだろう…ホント。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)の感想
2016-10-21 Fri 00:00
<作品名>    アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)
<製作会社名>  フロントウィング

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)
シナリオ構成
S
全体のプレイ時間は3-4h程度。

【推奨攻略順 : 選択肢無 】

CG
S
いつもの品質の絵。
全体的に安定しており、前作からのCGも何枚か存在。
長さに併せた分量しかないが、決して少ないわけではない。

音楽
S+BGM32曲、Vo曲3曲(OP1/ED2)という構成。
BGMに関してはグリザイアシリーズや前作からのものが数多くあるため、オリジナルがどれだけあるのかは未調査。
Vo曲に関しても前作からの者OP/ED)があるが、グランドEDは今回が初登場。
基本的にノリやテンポがよく良曲。

お勧め度
S
グリザイアシリーズからキャラのみを引っ張ってきた作品。
前編をプレイした人のみの攻略を推奨したい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)の続きの作品。
基本的にノリなどは前作と同様。

内容的には最終話まで行くのだが、テーマとして結構重そうなものもあるのだが、ギャグテイストなのであまり深く考えることにはならないだろう。
あくまでもギャグゲーの範疇。

新キャラなどもほとんど出てこず、驚くべき展開というものもあんまり存在しないため、前編ほどの驚きや新鮮味を感じることはできないので、その点だけ注意。

コンフィグに関しては特に問題なし。

【総括】
好きな人は好き…という内容で評価しにくいため、平均評価。

(ぶっちゃけコーナー)
とりあえず最初から最後まで爆笑はしてた。
真面目に作れる部分はまじめモードに入っても良かったとは思うんだけどなぁ…。
戦闘シーンも少しあったりして、普通に楽しめるのは楽しめる。
作品自体がすごく短いのでそれだけが残念です。
クリア後はおまけボイス等がdownload可能。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
futaさんの依頼品
2013-08-09 Fri 19:52
依頼されていた品が出来上がりましたのでUPします。

ただ、このブログだとそのままUPするには2Mが最高でしたので別の場所へ…。

ここをクリックでジャンプ。

パスワードは「life」です。

形式 : JPG
サイズ : 3661×2185

そのまま大きくすると、少し横が長くなっていましたので、カット…。
しようとおもったら一姫さんの頭が切れてしまう…ということで少し作り変えました。
といっても画像を横にずらしただけですが、そのまま大きくするよりはマシかなぁ…と。

というか、この画像なんですね。

個人的にこの構図は気に入っているのですが、あんまり人気がないんだと思っていました…。
もし指定していた壁紙と違う場合や、他に依頼がありましたら遠慮なくどうぞ。

それでは完成楽しみにお待ちしておりますね。
拍手する
別窓で開く | 依頼 | この記事へコメントをする:4 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの楽園 の壁紙(全員)
2013-07-10 Wed 00:00
こんばんは~。
7月10日の定期更新です。

さて、今日でグリザイアの壁紙シリーズも最後ですね…。
いやぁ長かった。
まぁ、それだけの時間かけて作ってはいるので、公開に掛ける時間も長くないと、
管理人死んじゃうんですけどね。

まぁまぁ、そんな訳で明日以降の予定としてはとりあえずレミニセンスの壁紙を公開しようかなぁと。
その後はまた壁紙の状況次第という事になりそうですね。
ではでは今日の定期更新行きましょうか。

本日の名言。
「覚悟はあんのか? 常に『正論』ってのは一番地獄に近い泥濘だぜ?」
出典:片岡人生・近藤一馬 「デッドマン・ワンダーランド」
正論を使うからには、その他に間違った部分や飛躍した部分があってはならない。正しいということが常に正解を運んでくるわけでもなく、正しいからこそ他に逃げ場もなくなってしまう。ともすれば自分を締め付けてくる。そういう意味で正論とは攻撃に使いにくい両刃の刃みたいなものかもしれません。
ただ、どんな場合においても正論になりうるものなんて、そうそうあるものではありません。
ただ、自分が正論を振りかざす際にはその危険性については深く考えた方が良さそうです。そうしなければ、自分の守りたかった正しさまでも踏みにじってしまうこともあるでしょうから。少し難しい話ですが、こればっかりは体験してみないとわからないかもしれませんね。

ではでは今日の壁紙。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g3_z (3)_R g3_z (4)_R g3_z (5)_R

何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


本日は集合系3枚ですね。
1枚目はprologueの物。
由美子がいないのは、由美子視点だからですよ。
こういう夕日バックのCGはきれいでいいなぁ…。

残り2枚は、今まで紹介していた壁紙の素材などを利用して作った壁紙。
みちるは入れ替えたはずなのに、2枚とも同じものになってたというね。
まぁ、いいCGだったからいいけどさ。

そういや2枚目のCGに描かれている写真のCGがほしかった…。
すごい壁紙にしやすそうなのに…。
3枚目のCGは作物背景に天音の運転する飛行機のCG。
そういや、楽園でのCGがちゃんとあるのって由美子くらいなんだよなぁ…。
タナトスの物もあるけど、あれは一応エロCG扱いだしなぁ…。

というわけでこれで全壁紙紹介終了。
いつも通りまとめ壁紙の記事も更新しておきました。

ここをクリックでとべます。

ではでは本日の定期更新もこれでおしまい。
明日については、最初の方で記述しましたが予告通り、レミニセンス。
もちろん変化がなければですが。

ではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの楽園 の壁紙(ヒース・オスロ &ミリエラ・スタンフィールド)
2013-07-09 Tue 00:00
こんばんは。
7月9日の定期更新です。

この前ビラ配りをしていた時の話なのですが…。
一人のお婆さん(以下、婆)に渡したところ、どうやら目が悪いようで
婆「なんて書いてあるんじゃ?」
私「○○のセールやってますよ」
婆「ほぉ…まぁ、チラシには興味ないけど、あんたの顔かわいいなぁ…」
どうでもいいからチラシもらってくれ!!
というか、目が悪いから俺の顔見えないんじゃないのっ!?
少し嬉しかった、たつたつさんでした(ぇ

それでは今日の名言。
そのへんでやめときな。りっぱすぎる決心は、きっと三日ぼうずになるから
出典:『ドラえもん』
なるほど、受け入れやすい名言ではないでしょうか。
ただその理由を考えていくと、行き詰まってしまうかもしれません。
そういう方のために噛み砕いて説明しますと、あまりに高すぎるハードルを用意してしまうと、日々それを越えることに苦痛を感じてしまい三日坊主になってしまう。なにかを継続的になそうとするなら、徐々にハードルをあげていき、そのハードルが日常となったところで次のハードルを用意する。ホップステップ無しにジャンプはできないということですね。
これは自身のことではなく、他人にも当てはめることができます。それまで、そんなそぶりを見せていなかったのに、いきなり立派すぎる(甘すぎる)話をする人がいれば、やはりそれは怪しいでしょうね。
政治なんかもそういう目で見てみると面白いかもしれません。


さてさて、それでは今日の壁紙。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g3_osu (1)_R g3_osu (2)_R g3_y (2)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


本日はヒース・オスロ の壁紙2枚とミリエラ・スタンフィールドの壁紙1枚です。

ヒース・オスロに関しては、このCGが気に入っているので作りました。
特に2枚目は麻子の時にシンプルな黒を文字の背景にしていましたが、
オスロは対象的な白をソフトライトで組み込みました。
といっても、かなり簡素である事は変わりないんですけどね。

3枚目のミリエラさん。
はるばる遠くからヘリでやってきた彼女ですが、
まぁやってきたときは「やっちまえ、ミリエラ!!」と皆と一緒になって叫んだのは言うまでもない。
結構いい性格してる子だしなぁ。
なんというか、みちるに似たベクトルは持ってますよね…。

というわけで本日の壁紙も以上。
明日でグリザイアの楽園の壁紙は最後ですね。
明日はいつも通りの集合系を公開します。
お楽しみに~。

ではでは今日の定期更新もこれでおしまい。
また明日同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
それではまた明日~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT