自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


グリザイアの楽園 の壁紙(松島 みちる&キアラ・ファレル)
2013-07-06 Sat 00:00
こんばんは~。
7月6日の定期更新です。

夏といえば、暑さもそうですが、ウザイあいつが出てくる時期ですね。
いえ、今日の壁紙の主役の事ではないですよ…。
そう「蚊」です…。
もうね、刺さないでくれよ…と懇願しても無慈悲に寝てる間に襲ってくる奴ですが、
刺された時には掻かないで、ムヒ等の薬品を塗って放置すると…ってよく言いますよね。
掻かないでって簡単に言ってくれるけど、それ拷問だからねっ!!
ほんと、本番になる前に蚊取り線香の準備しておこう…。

それでは今日の名言。
幸福とは、そのまま変わらないで続いてほしいような、そんな状態である
出典:フォントネル「幸福論」
この名言の重要なところは、「そんな状態」という部分でしょうか。幸福にはっきりとした形はないということ、その状態すらそして時と場合によって変化するというところです。
ずっと続いてほしいと思えるようなことは確かに幸福でしょう。しかし、実際にずっとそれが続けばそれは日常です。さらなる幸せを求めてしまうでしょう。逆に、いまがかなり不幸なら、皆が歩んでいる日常が、その人にとっては幸せとなり得ます。簡単なことをいってるように思えるかもしれませんが、実際にこれを理解し、行動にうつせている人はほとんどいないといっていいでしょう、どうしても人という生き物は不幸や幸せを他人と比べ、一喜一憂してしまいます。
仕方がないと思いつつも、やっぱり、それはどこか幸せの定義を考えるとおかしな話だと思いますね。

ではでは今日の壁紙行ってみましょう。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g3_michi (1)_R g3_michi (2)_R g3_y (1)_R

何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


本日は松島 みちる&キアラ・ファレルの壁紙三枚です。

この1枚目のみちるのCG。
これに至るまでのエピソードが、プロローグ編で語られましたが、さすがみちる様。
腹を抱えずにはいられない。
2枚目はタナトスさんとの電話シーンの物。
タナトスとのやりとりといい、今回みちるは本当に光ってたなぁ…。
特に海底行くところとか…まぁ、すげぇやっつけだったけどさ。

3枚目のキアラに関しては、もう妄想はいってるんで、気にしないでください。
しかしまぁ、このCGが出た瞬間に壁紙にしてやろうとは思いました。
すいません、キアラファンの方々…。
ちなみに構図も何もありませんが、かなりシンプルな作りにしておきました。

それではこれで今日の定期更新も終わり。
明日の壁紙は、クソメイドことあの子ですね。
お楽しみに~。

ではではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
それではさようなら~。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:4 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |