自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


カタハネ のレビュー
2008-10-14 Tue 00:16
<作品名>    カタハネ
<製作会社名>  Tarte

シナリオ
S
すごい新鮮さ。
同じストーリーを最低3週はするが、別視点からとなる。
長さが結構あるが、きっと飽きないはず。

CG
S--
普通なくらいの綺麗さ。やわらかい絵だと思った。

音楽
S+
OP曲のノリ、最終ED曲…BGM…すべてを考えると、かなり高めの評価。

お勧め度
S+
百合ゲーマーにはもちお勧めだし、それが苦手でも、いつかやってみる価値はあると。

総合評価
S
三週するが、視点が変わるのでほとんど違うルートといってよい。
場面によって語り手(主人公)が変わっていくという「群像劇」形式を取り入れたこの作品。
その新鮮さはすごく良い。
特にOPがそれをあらわしており、OPだけでも見るのはお勧めする。
今までいろいろ見てきたが、このOPは素直にほめてあげたい。

苦言を言わせてもらえば、各ヒロインルートの押しが弱いところだろうか。
だから、途中は挫けそうになるかもしれないけど、最後まで行けばきっとしっとりとだが泣けるはず。
今までのゲームに飽きたならいい作品かもしれない。
最後に余韻を残す終り方をするが、なぜだか満足感は残る。
全体的には平均程度なのだが、何故か心には残る。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
OPの滑り出しから雰囲気がよく、その勢いのまま最後まで行ける。
百合シーンが入ったりと、なかなかに新しい部分もあるが、
何と言っても終盤の泣きシーンが見所と言えるだろう。
ふんわりと暖かく泣ける泣きゲー。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |