自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


イモウトノカタチ のレビュー
2012-11-27 Tue 00:00
<作品名>    イモウトノカタチ
<製作会社名>  Sphere

イモウトノカタチ

シナリオ
S+
ルートは4本だが、3本をクリアしないと最後の1本は出てこない。
共通と個別(3本に関して)は、標準程度か、やや物足りなさを感じるものだが、最後の1つは比較的長い。
推奨攻略順は、他二人→美優樹→ラスト1√がいいと思う。

CG
S
これに関しては文句が全くない。
CGは優しいタッチながらも、素晴らしく綺麗な構図が多数あり、枚数も十分量。
はずれが無いのはでかいだろう。

音楽
S+
OPとEDは安定のDuca曲。質も量質と言えよう。
BGMなどを含めると曲数も28曲と十分な量があり、安定した質感。
破壊力に少し欠けたのが残念と言えば残念か。

お勧め度
S+
題名の通り「イモウト」物なのだが、前作を期待してやるならとりあえずやめとこう。
ただ、「イモウト」物であることは確かなので、そう言った系統が好きならとりあえず良いだろう。
とはいっても、それに凝り固まっているわけではないので普通のゲームとしても標準的に勧められる。

総合評価
S+

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

上記でも述べたとおり「イモウト」が主題のこの作品。
体験版などの冒頭からも状況はかなり分かりやすいだろう。
ただ、この作品はそれを完全に主題に置いた明るい作品、というわけではない。
時折見せるかなり重い雰囲気も見捨てておけない事に注意。
しかしまぁ、そんな暗い雰囲気に陥りがちなこの作品を支えるのは、
純真無垢というより朴念仁の主人公、前向きな姿勢の彼のおかげもあり、
作品自体としては明るい雰囲気になっていたんではないだろうか。
物語の構成からもわかるとおり、実際に深い話は最後のルートにて明かされる。
攻略キャラが誰なのか、等ネタバレ的要素もあるので他の所でレビュー等を見る際は注意してほしい。
しかし、分かったところでかなり破天荒な展開をするので、予想は不可能ですが。
ただ、破天荒な展開が良かったのかというと、これまた賛否両論で…。
個人的には悪くない物語だったなぁという印象。
(逆に、これだ! というものが無かったのは少しさびしいですが)
上記でも書いたとおり、前作の「ヨスガノ」で期待していた人にはあまり食指が動かない作品になりました。
確かに「イモウト」が主題なのですが、まぁ、カタカナな時点でお察ししてほしいところです。
最終的な展開は少し強引にまとめたものの、感動する場面ではあったかな。
ほかにもあやか√など、感動できるルート、深く考え込むルートはあるのでただ簡単に切り捨ては出来ない。
そういう意味では評価している。
しかしながら、多くの謎や不都合などを隠したまま(ごまかしたまま)終わらせたのも事実。
後日ファンディスクでも出るのだろうか…。
総括としては、平均以上であるが特筆すべきものか、と聞かれるとそこまででもない。
…そんな作品。

コンフィグは充実、クリア後に各キャラのアフターみたいなものもありますので、見逃さないように。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
妹物になるけど、どうなんだろうね。
正直最後の終わらせ方とか、途中の展開(最後のルート)とかには驚き、
呆れまではしないけど、アリなのかなぁ…ってかんじ、それを見るためにやるのもありかもなw
それにしてもハーレムENDはだめなのかな…?
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |