自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]千恋*万花の感想
2016-10-07 Fri 00:00
<作品名>    千恋*万花
<製作会社名>  ゆずソフト

千恋*万花
シナリオ構成
S+
メインヒロイン4人の4√、加えてサブヒロイン2人の合計6√。
共通ルートは比較的量があり、各個人√は2h程度となっており、全体的なボリュームは十二分といえるだろう。
サブキャラ√も比較的量があるのが特徴的だろう。

【推奨攻略順 : 茉子→レナ(→小春→芦花)→ムラサメ→芳乃 】
( )内のサブキャラのみ1ヒロインクリア後に攻略可能な他に攻略順にほぼ指定はないため好きなキャラから攻略するとよいだろう。

CG
S
線が細く淡い塗りの全体的に柔らかい安定した絵。
背景、立ち絵、イベントCGに至るまで全体的に質が安定しており、枚数もキャラが少ないがその代りに一人に対する構図の数は多くなっている。
そのほかSD絵などもかなり豊富に用意されている。

音楽
S++
BGM46曲、Vo曲7曲(OP1/ED6)という構成。
BGMの多くにはVo曲メロディを仕様したものも多く特にOPの「恋ひ恋う縁」は和風でいてアップテンポのリズムの新旧が混ざった象徴的なものとなっている。
この曲はBGMとしてもピアノバージョンや琴バージョンなどがあり、シナリオを大いに盛り上げてくれていた。
この曲を含めてBGMではVo曲のアレンジ曲が目立つのも印象的。

お勧め度
S+
もはや盤石ともいえるレベルにまで到達した萌えゲー会社からの作品。
小京都とも呼ばれる風情ある温泉町を舞台とした少し不思議な恋愛学園物で要素として伝奇的要素が多いに含まれている作品となっている。
シナリオも難しすぎず簡単すぎず、絵も美麗、キャラも可愛く…と広く多くの方にプレイしやすいレベルの作品となっている。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

祖父の旅館を手伝いに数年ぶりに帰って来た穂織の町。
ひょんなことから岩に刺さった御神刀を抜いてしまう。突然現れた刀の管理者と名乗る「ムラサメ」という少女や婚約者となる巫女、お手伝いのくノ一や同じく転校してきた留学生たちとの出会いで穂織での新しい生活が始まる――

テーマ(舞台)こそ和テイストにまとめられてはいるものの、作中には祟り神との闘いがあったりと、いつものゆずソフトらしい少し不思議な世界の恋愛学園物。

特に今回は数百年昔からの穂織の町と朝武の家への”呪い”というものが大筋にあり、昔の話がクロスオーバーする機会が多く。各ルートで分割して物語の真相が語られることとなる。
この作品の評価すべきところは、各ルート間で話のつじつまがよく合っていたという事。
テーマとして大きな話を用意している作品の多くは、各個別ルート間で話の祖語などが起きてしまう事が多いが、今作ではそのあたりの調整を巧く行っており、また断片的に語られる過去の出来事によって√順によってあるシーンでの感想が変わってきたり、真相がわかったりと非常によく考えて作られている印象を受けた。

ゆずソフトというとやはりヒロインのかわいさというのがメインのコンテンツとして挙げられるだろう。もちろん各ヒロインは非常に魅力的だが、設定として魅力的なだけで放置することはせず、しっかりとシナリオ中でその良さを描写することで「プレイしていて好きになる」というキャラクターをしっかりと作ってくれている。
特に今回はヒロインだけではなくサブキャラクター達もとても魅力的であり、それは女の子だけではなく、主人公の祖父の玄十郎などの男キャラクターたちも重要なポジションであり作中で本当に生きているように感じるシーンが多くあった。

シナリオにおいて泣きシーンが多かったのも印象的。
個人的にはゆずソフトの作品であまり泣くことはなかったのだが、今回はシナリオもかなり作りこまれており、とくに過去の話が多くわかり各ヒロイン達とも多く触れ合うことができるレナ√などは思わず涙してしまうシーンも一つや二つではなかった。

また作品としてエンディングまでしっかり作りこまれていたのも印象的。
各ルート専用のEDムービーとソングまで用意されており、文字通り作品の最後までがしっかり作品であるということを理解して作られているのだと感じ、非常に高い評価をしている。

どうしても主軸のシナリオはまだまだ書き込みと踏み込みが足りない部分(簡素な部分)が目立ってしまうが、これまでの作品と比べても着実にレベルが上がっているといえるだろう。

コンフィグに関してはかなり使いやすく、ほとんどの機能がそろっている。

【総括】
全体的なレベルの高さは言うまでもなく、細部にまで配慮の行き届いた作品でありこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
意外だったのはレナ√が結構真相に迫っていたという事かなぁ。
だからこそ、この子をクリアする場所で全体的な印象が変わるかも。
サブキャラの二人用の共通ルートがあったのも少し面白い。サブキャラとして適当に処理するだけではなくしっかりと描写してくれているので、メインヒロインとまでは言えないが十二分に満足できるシナリオ量と言えるだろう。
どうしても全ルートで泣ける! とまでは言えないが1ルートでもそういったルートがあり、キャラも可愛く、絵も可愛く…となると評価は高くなる。
あと、最後に…茉子の「あははぁ~♪」にハマったのは俺だけではないはず!
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]サノバウィッチの感想
2015-03-17 Tue 00:00
<作品名>    [レビュー]サノバウィッチの感想
<製作会社名>  ゆずソフト

サノバウィッチ

【さわり】
人の感情を五感で感じることができる主人公。長くその能力に悩まされ、そして諦めて過ごしてきたが、とある事件により寧々が魔女である事を知ってしまう。
彼女に協力するためオカルト研究部に所属することになり、他人の悩みを解決していくことになるが、同時に主人公の心にも変化が起こる――。

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ+サブの和奏の合計5キャラ。
共通ルートも結構量があるのだが、ヒロイン4キャラの個別ルートは3-4hと長め。
サブである和奏√についても2h程度はある。
さらに寧々2などもあるので、全体的なボリュームは平均を超えているといってよいだろう。

【推奨攻略順 : 憧子→和奏→めぐる→紬→寧々1→寧々2】
和奏√と寧々2√にはロックがかかっている。
基本的にはどのルートからやっても問題ないようになっているので、好きな順番で攻略してよいだろう。

CG
S
線が細く、いつもよりは少し淡い塗で全体的に幼く見えるのはいつも通り。
ただ今回は特に各CGが美麗で、繊細に感じた。
全体の質も高く、枚数に関しても十二分にある。
SD絵も豊富に存在。

音楽
S++
BGM曲41曲(inst,アレンジ含)、Vo曲7曲(OP1/挿入歌1/ED5)という豪華な構成。
さらにキャラソン4曲を含めるとすさまじい数になる。
質に関しても言わずもがな。
特に和奏√で流れる挿入歌はなかなかの見どころ。
不思議な雰囲気を醸し出すことがおおいBGMも要所要所でよい仕事をしていた。
特にOPアレンジの「恋せよ乙女!」のギターアレンジは素晴らしい。

お勧め度
S++
ただの萌えゲーという印象で始めると、いい意味で予想外の出来になっていた作品。
無論、キャラは魅力的でCGやBGM、Vo曲も素晴らしいのだが、それ以上にシナリオがしっかりとしていて泣けるシーンも存在していた。
欠点という欠点があまりないので、広く人に勧めやすく、素人から玄人まで誰しもが楽しめるよい作品となっている。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

タイトルにもなっている「サノバウィッチ」は綴りからすると魔女の魔力という意味と音だけなら魔女の息子という解釈も可能。
その名の通り、魔女の息子である今回の主人公。
魔法が存在する少し不思議な世界で、部活を通して他人の悩みを解決していくというスタンスの学園恋愛もの。

もう、全体的な雰囲気についてはさすがゆずソフトというべきか圧倒的な安定感があり、どの点においても平均以上の質になっている。

特にメインとなるキャラの魅力に関しては本当によく、魅せ方を分かっていてキャラのポテンシャルを120%引き出せていたのではないだろうか。
個別ルートに入っても攻略ヒロイン以外のキャラも含めて全員が生き生きしているからこそ、感情移入も速やかになりシナリオ自体に厚みが出てくるように感じる。

肝心のシナリオにおいても、主人公の悩みを絡めて各ルートでさまざまに展開させており、飽きることが無い。
しっかりとしたシナリオロジックがあるので、読んでいて違和感を覚えることもないし、展開が予想できてしまい飽きる…等ということもあまりない。

中でもめぐる√中盤では非常に感動できるシーンがあり、個人的にはこのルートが一番のお勧め。

簡単ではあるが魔女二人の変身シーンやEDも個別で作られていたり、準ヒロインである和奏√での挿入歌+動画など細かい部分から大きな部分に至るまできちんと作りこまれており、作品に対する制作陣の愛情が伝わってくる作品となっている。

だからこそ、笑って、泣いて、悩んで、笑って、最後にはキャラクターに恋出来る、中身の非常に良い作品となったのだろう。

だからこそ後もう一歩がほしかったと思うのは私のワガママではあるのだが、各ルートの出来はほんとによかった。しかし、ある種のまとめともいえる寧々ルートの出来がその他の√と並んでしまっているのが少し気になってしまう。
最後の最後だからこそ、より素晴らしい展開や演出を望んでしまう。

コンフィグに関しては全く問題が無かった。
システムボイスも各キャラからランダムまで設定可能。

【総括】
萌えゲーとしてだけではなく、泣きゲーとしても、また他の部分に至っても高品質な良作となっており、この評価についても抑え気味といっていいほど。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ゆずソフトの作品ってどうもキャラの魅力だけで押し切る萌えゲーって印象があったんだけど、今回はシナリオも思ってた以上にしっかりしてたし、泣けたな。
めぐる√以外も結構泣けるシーンがあって、特に「アカギ」が関連する話は結構泣けたりするのが不思議。
ただ、これは俺が泣けただけで、万人がそうかというと、意外と泣けない人も多いような気がする。それくらいの破壊力なんだよな。
だから、評価としてもう一段上を与える事だけはしなかった。
逆に、BGMとシナリオがもう一歩踏み込んでくれていれば間違いなく、ランクも上がったんだろうけどな。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
天色*アイルノーツ の感想
2013-08-08 Thu 17:58
<作品名>    天色*アイルノーツ
<製作会社名>  ゆずソフト

Love20130808175738.jpg

シナリオ構成
S+
攻略キャラは全6人。共通も各ルートの長さも平均的か少し長く感じる程度。比率的には少し各ルートの話が長いか。
攻略キャラの人数も多いので、ボリュームとしては十分な量といえるだろう。
攻略順に一定の制限はあるものの、攻略順に関しては自由にやってよい。

【おすすめ攻略順 : 真咲→愛莉→木乃香→夕音→ティア→シャーリィ】

CG
S+
立ち絵・イベントCGともに細く淡い線で色は案外濃いめのイラスト。
枚数も十分量で、質としてはかなり安定している。。
その他にSD絵が特に多く、よく動くのが特徴。
OPのアニメ等を含め、かなりの高評価。

音楽
S+
ゲーム中で視聴可能なのはBGM40曲、Vo曲6曲(各キャラの歌うED+OP)の計46曲とボリュームとしてはかなりの物。
Vo曲に関してはOPは期待感をあおる良質のもの。
BGMでは「心つなげて」をピックアップしたい。BGM自体は全体的に量があり多様性にあふれた、しっかりしたものとなっている。
この曲もそうした目立たない曲の1つなのだが、作中のあるシーンでシナリオとあわさる事により効果的な泣きシーンを演出してくれた。
目立たず、縁の下の力持ちという意味ではBGMらしい名曲だろう。


お勧め度
S+
主人公が教師のファンタジー要素あり女学院恋愛物。
作品はのんびりとした雰囲気でまったりとした恋愛を楽しみたい方にお勧め。
全体的な完成度は高く、かなり安定しているので幅広くの人が楽しめることはたしか。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
突然日本上空に現れたファンタジーの島「ライゼルグ」で女学院の教師をする事になった主人公のお話。
とはいいつつも、ファンタジー要素が絡むのはほんの少しで、真咲ルート以外はまっとうな学園物といっても問題はない。

今回の作品のヒロイン達は本当に一癖も二癖もあるキャラばかりであることに加え、全体的に本当に丁寧に、ゆったりと書枯れている。
そう言った理由もあり、告白するまでのシーンやした後のシーンもしっかりと描かれているため、各キャラの新たな魅力に気付けるシーンも多々あるだろう。
その割に物語のテンポは悪くなく、ほどよい笑いや歴史のミニ知識を挿みつつ、各ヒロインの魅力を引き出して、その後おこる問題を解決していく。
そういう意味では、非常にバランスよく作られており、展開こそ予想しやすい王道的なものだが、全体的にぶれがなかったため、かなり安心感のある物語となっている。

ただ、今回特に見てほしいのは、主人公の「教師」という設定だろう。
過去にも同じような設定の作品は多く出ているため、似たような雰囲気になっていることは多く、この作品も各ルート、その設定を活かした問題や展開が多い。

秘密の間隔にドキドキしながら、時に立場を気にして立ち止まって、ヒロイン達の悩みを解決するために最後にはなりふり構わずに行動する。
各ルートで先生が生徒たちを諭すシーン(励ますシーン)等がこの作品の見どころであり、そうやって生徒たちを成長させつつも、自身も成長していく先生の様子が上手く描かれている。
その中でも特にシャーリィルートについてだけは主人公の過去に触れる話になっており、全体的によくまとまっていた印象。(なので最後を推奨している)

こういったシーンで、ともに感極まり泣けるシーンは少しあり、ここで流れてくる「心つなげて」は単体で聞くとそうでもないはずなのに、その流れで涙腺を破壊してくる。
まさに、音楽と文章の見事な調和といえよう。

【総括】
ファンタジー要素ありの女学院物としてかなり安定した良作ともいえる今作。
泣きシーンも強くはないもののいくつかあり、総合的な完成度も十分と言え、誰もが楽しめる作品となっている。
「これ!」と言える他を圧倒する者がないのは残念だが、それでも評価に変わりはなく、この評価を下したい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ティア・ユネの最後のシーンとか何故か泣けるシーンとかもあったんだけど、まじ、シャーリィの最後のルートは結構泣いたなぁ…。予想外だった。
もう少し工夫されてて、泣き本気で取り組まれてたらヤバかった。
各ヒロインもこれまた魅力的なんだよな、上手く引き出す文章かけてたわ。
安心して誰にでも進めやすい作品だな。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
のーぶる☆わーくす のレビュー
2012-11-24 Sat 00:00
<作品名>    のーぶる☆わーくす
<製作会社名>  ゆずソフト

nobleworks.jpg

シナリオ
S
√は6本、蛍ルートのみ、1キャラ何かをクリアしないと攻略できないロックがかかっているが、
物語の核心があるわけではなく、おまけみたいなものなので、正式なルート(ヒロイン)は5と言える。
個別もそれぞれ2hほどと、分量に関しては普通程度、お勧め攻略順もないのでご自由に。

CG
S
ところどころ気になるところもあるものの、総じて綺麗。
特にCGが細かく描かれていて好感が持てる、CGは枚数としては普通か少ないくらいなのだが
立ち絵がぜいたくに使われており多め。

音楽
S+
BGMは30曲ほどあり、Vo曲は2曲。OP、EDも質は良く、雰囲気を壊すことはない。
BGMは作品に合わせてゴージャスに感じさせるものなどが目立ち、多種多様な場面に十分対応できている。
ただ、これ、という曲が無いのは確か。

お勧め度
S
(お金持ち)お嬢様、萌え、ちょいギャグ、このゲームの成分はそう言ったところだろうか。
泣きゲーや、燃えゲーと言えるほどの名シーンはないため、過度な期待をしすぎないように。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

影武者として、お金持ち達が通う学園に潜入するというお話。
特に主人公は戦闘以外、かなりの万能系(理由がバイトしてたから、だが…)
物語の設定も面白く、キャラも上手に立ててあるので、総じての印象は悪くなかった。
さっぱりしたテキストの効果もあって、一般ルートも個別もサクサクすすむ。
ギャグもところどころに挟まっているのだが、威力としては若干弱い。
総じて萌えに重点が置かれているのかも?
泣きシーンなどもあるにはあるのだが、BGMやテキスト、展開などによりあまりインパクトは強くない。
全体的には良くまとまっていたが、悪く言えばよくまとまりすぎていた、ともいえる。
扱っているテーマなどは非常に良いため、アプローチによっては泣きゲーにシフト出来そうではあるが…。
そう言う部分に関しては若干惜しい。
評価したいのは脇役の使い方だろうか…。
癖はあるものの汎用な脇役を用意しており、しっかりとキャラも作られていたため
個別に入った後も、他のヒロインキャラと並んで、しっかり役割を演じられていた。
「なにか」を誇れるものはないものの、悪い部分がない。
この分野のゲームの優等生みたいな作品なので経験を積むのにはいい作品なのだろうか。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ちょっと人気があるゲーム、っていうと誤解があるかもしれないけど、
知名度は結構あるゲームだよね。
設定は結構ありがちだったから、全体的に他の作品との差別化が出来なかったのが残念かなぁ。
好きな人は好きな作品なんだろうけどね。
あと、真琴ではなくて蛍のルートがあるのは意外…立ち絵も蛍より多いのに…。
あと背景の女の子がかわいいって思ったのはおれだけ?
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
夏空カナタ のレビュー
2010-02-22 Mon 00:00
<作品名>    夏空カナタ
<製作会社名>  ゆずソフト

夏空カナタ

シナリオ
S
ストーリーは大きく3ルートに別れ、そのうち2ルートが2個のENDをもつので、合計5つの終り方がある。
分岐も最初の方で、選択肢も少なく、ルートによって話が大きく変わるのが特徴。
それぞれのルートとしては少し長いが、3つしかないので、全体的に見ると一般的な長さとなる。

CG
S-
CGについてはほとんど問題なし。
枚数も多く、丁寧に書かれた印象を受ける。
ただ、数キャラの立ち絵などが引っかかる。
他のCGが綺麗だったのでそれと打ち消したが、厳しくつければもうひとつ下のランク。

音楽
S
物語にあった静かなものや、悲しげ、幻想的なものが多い。
雰囲気にあったものが多いのは良いのだが、もう少しインパクトのある曲があっても良いと思う。
それに当てはまるBGMもあるにはあるが、やはり力不足。
OP、EDの曲については特に意見なし。

お勧め度
S
どこのレベルが高いってわけではないが、ところどころで光る原石のような部分があるこの作品は、深く見ていけば得るものも多いかもしれない。
普通に物語としても、よく造りこまれているいい作品である。

総合評価
S
日本で唯一の常夏の島『塔弦島』
沖縄と変わらない緯度にありながら一年を通して真夏に近い気温を保つ不思議な島である。
冬休みを利用し、島でペンションを経営する叔母のもとに訪れた朝倉 は幼馴染の三好 由比子、その妹、双葉や、幼馴染の六角 五郎と楽しい日々を過ごしていく。
彼は、ある日立ち寄った喫茶店で一人の少女――茅羽耶と出会う。
彼は、ある日幼馴染の由比子から壮太への長年の思いを告げられる。
彼は、ある日参加した祭で、店主ともめる少女――沙々羅と出会う。
いつもと違う夏、それぞれの少女たちが抱える謎。
全ての秘密を知ったとき、少年と少女は決断を迫られることになる――

常夏の島、という設定や出てくる少女が記憶喪失等々、よく使い古された設定が出てくる。
ただ、その裏にある真相はなかなか見ることがないようなもの。
それゆえに、3つのルートは良く作りこまれていて、物語としてはあまり文句を出すことが出来ない。
特に攻略順などはないが、個人的に「由比子」のルートは先にやっておくことをお勧めしたい。
このルートだけはENDも2個ないし、物語自体の雰囲気も悪い意味で違うように感じられる。
また、全体的に少し暗めの雰囲気で物語を勧めることが辛い時もあるが、さっと入るギャグの描写、それぞれのキャラクターの優しさなどが物語を後押しする。
OPのアニメの動画なども良く作りこまれていて、タイトル画面やあるルートの最後の方などで背景が動くところなどもある。
泣きシーンも用意されており、押しが弱いが、涙腺が弱い人は泣かされてしまうはず。
やはり気になってしまうのが、茅羽耶の立ち絵や数枚のCG、BGMなどだろうか。
他の部分がいいだけにやはり悪い部分が目立ってくる。
致命的なミスはないものの、やはり全体的なバランスを考え評価すると少し低め。
普通の物語のはずなのだが、どこかきらりと光る部分のある作品である。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
少し不思議な場所・話がテーマの泣きゲーに一応分類される。
シナリオに関してはなかなか光るものがあるのだが、イマイチ押しが足りない部分も。
これ以上の評価となると、BGM等と連携をとった演出が必要となる。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT