自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


ゆきいろ~空に六花の住む町~ のレビュー
2012-09-07 Fri 00:00
<作品名>    ゆきいろ~空に六花の住む町~
<製作会社名>  ねこねこソフト



シナリオ
S-
ルートは5本、若干の攻略順は決定されているが、なかったとしても、ネタバレになるようなことはあまりないと言っていい。
ねこねこソフトらしく、過去と現在に分かれており、過去の選択肢によってのみ現在の設定が少し変わり、攻略キャラが変わる。

CG
S-
立ち絵に関しても、CGに関しても綺麗な絵とそうでない絵の差が激しい。
特色と言ってしまえばそれまでではあるが、やはり受け入れがたい絵があるのは事実。
綺麗な絵が多い現代の作品の中ではそれが少し悪目立ちをする。
作品としてはマルに関してはかなり多いものの、他キャラのCGは少なめ。

音楽
S+
質の高いものがそろっていて、少々評価を下げすぎたかと思っているくらい。
特に「ゆきいろ」のメロディ、「六花のうた日本語Ver」なども見逃せない。(サントラに入っている)
BGMに関しても同じく質の高いものがそろっている。

お勧め度
S-
ねこねこ作品らしい作品といえばかなり当てはまるが、これまでの傾向よりも若干全体的に明るめの話になっている。
そのため、これで物語になっているのか…? と物語に物足りなさを感じるかもしれない。
個人的には相性の合わない作品である。

総合評価
S-

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

北の大地北海道での物語。けど、グアムもでてきます。
メインは「深雪」こと「マル」のお話ですが、それが一番濃いというだけで、他のキャラがないがしろにされているわけではない。
マルルートに関しては、ところどころ光るところがみられ、設定はいいし、音楽もよいので、
演出や文章によってはもう少し行けたのかなぁ、と思うのが正直なところ。
他のキャラのルートに関しては基本的に明るい話が多く、理解不能なところもあるが
(変だな、と思うだけで、物語自体は単純)
ギャグも少しはあるから読み進めることはできるだろうか。
過去編が共通として存在しており、その選択肢によって現在編は完全にルートに入ってしまい
最初の文字から展開までほとんどが変わる。
そのため、各キャラのプレイ時間は少し長めになりがちだが、個別ルートが案外短いので
全体的には平均か、それよりも少なめの作品になる。
今までとは違い、明るい話が前面に出ているが、
逆に言うと深みをなくした。
それがあれば泣けたか、というのも難しい話だが…。
ある意味昔懐かしのゲームではある、が
泣きげーというには涙成分が足りず、キャラゲーというには絵のきれいさが足りず、
ギャグは並み、燃えはなし…という、強みのないゲームになってしまった。
単純にするにしても、過去のような純粋な泣きげーを自分としては求めていきたい。
よって、今回は少し全体的に厳しめの評価にした。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ねこねこソフトのファンにはたまらない1品。
ただ個人的にはあんまり合わず、評価は抑え目になっている。
泣きゲーとしてプレイするのは問題ないが、あまり過度な期待は禁物だろう。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |