自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ワガママハイスペックOCの感想
2017-12-15 Fri 00:00
<作品名>     ワガママハイスペックOC
<製作会社名>   まどそふと


ワガママハイスペックOC
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S+ 】
前作「ワガママハイスペック」のヒロイン4人のアフターストーリーとなる4篇と真ヒロインとなった奏恋・千歳・縁の3人のシナリオが追加されたファンディスク。
スタート画面から各ルートを選ぶ仕様になっており、新ヒロインを含めて時期や状況などは完全に別で独立したものになっていて、例えば奏恋√では新キャラの彼女の妹たちに立ち絵が付いたりと新しい要素も多少存在。

前作という大きな前フリがあるおかげか、ヒロインたちだけではなくサブキャラクターも含めて自由に動き回っており、日常シーンやこまかい部分でのキャラ同士の掛け合いが非常に面白くなっており、前作よりもパワーアップしている部分として挙げられるだろう。

各ルートも1hちょっとと割と短めではあるのだが、だからこそ話がコンパクトにまとまっており、話もテンポよく展開していくので見ていて飽きることがない。
何より伝えたい内容がしっかりと伝わってくるのが良い所だろう。
テーマである「ワガママ」ということに対しても各ルートで様々なアプローチをしており、そのあたりもうまく表現できていたと思える部分である。


ワガママハイスペックOC キャラクター
鹿苑寺 かおるこ√ 【 S+ 】  1-2h
かおるこの両親に挨拶したはいいものの、純文学作家と勘違いされてしまい主人公はかおるこの頼みもあって、純文学作家の振りをすることになる…という話。
前半は舞台を田舎のレンタル古民家に移してのイチャラブストーリー。前作にもまして甘々なかおること主人公のやり取りは見ているだけで癒される。
後半はこの√のテーマと言える主人公とかおるこの作品「デレスク」について。
家族に対してワガママになり切れていなかったかおるこの心理描写やかおること千歳のやり取りはいろいろ知った今だからこそ涙が出る話となっており、アフター√として十分に質の良い√になっているといえる。


ワガママハイスペックOC キャラクター1
桜木・ルーフォレット・アーシェ√ 【 S 】  1-2h
アーシェが自分の夢のため、ウィーンに行って1年後のお話。
小旅行としてアーシェに会いに行ったウィーンでの小さな事件や主人公の卒業式がメインになっている。
ウィーンという慣れない土地に来た主人公を気遣っていることや、遠距離恋愛という特殊な関係性もあって、本編よりも優しく描かれているアーシェが特に魅力的。
サクサクとテンポよく色々な話が入っていることや、過去(本編)を振り返りつつ各サブヒロインを上手く登場させるなど、コンパクトにまとまった良い√となっている。


ワガママハイスペックOC キャラク2ター
鳴海 兎亜√ 【 S 】  1-2h
タイトルのワガママハイスペックを体現する兎亜。その性質はアフターになっても変わらず…というよりヒートアップしており、さらに兄への依存度が高まっているエピソードがいくつも詰まっている。
どちらかというと、兎亜に尽くす主人公を眺めるギャグ系のお話。
何事もローテンション・やさしさゼロ、やる気ゼロの兎亜が本当は兄の事が大好き…とわかるシーンは破壊力抜群。


ワガママハイスペックOC キャラクター (1)
宮瀬 未尋√ 【 S 】  1-2h
未尋のアフターストーリー。
付き合って3年経つ二人。一歩先の関係へ進むためになかなか行動を起こさない主人公に未尋が一計を案じる、というお話。
付き合って愛情を確かめ合った後、主人公だけではなく兎亜をも面倒を見る高い母性をもった未尋が繰り広げるワガママなイチャラブコメディ。


ワガママハイスペックOC キャラクター (2)
四月一日 奏恋√ 【 S 】  1-2h
主人公のクラスの委員長で演劇部の副部長で今作からのヒロイン昇格。
ギャルっぽい見た目のせいで軽く見られがちだが、実際は男性経験も乏しくまだ小さい二人の妹の面倒を見るために忙しくしていることも多い。

とあるきっかけで四月一日家によく顔を出すようになり、二人の距離も自然に…という学生同士らしい導入から始まる√。
本作では見られなかった奏恋のイタズラ好きな一面や家庭的な一面、恋をした後の一途な様子や会長へのヤキモチなどなど様々な一面を見せてくれている。
そのほか√後半では「ワガママ」というテーマにたいして、他の√とは違うアプローチをしていたのは見事というほかない。


ワガママハイスペックOC キャラクター (3)
鷹司 千歳√ 【 S+ 】  1-2h
主人公の連載するマンガの担当編集。
辛口なツッコミや厳しいコメントが多く、冷静で冷たい態度が特徴的で、FDから新規ヒロインに昇格することとなった。

主人公の処女作であるインターネット小説「紫苑の君へ」という作品の小説出版が端を発する物語。
主人公の過去の問題であった両親(主に母親)に関連した内容もあり、この作品では珍しく重めな話も少しはいった√となっている。
それだけに主人公が千歳へ送ったメッセージがわかるシーンなどの感動シーンはよく出来ており、思わず涙を流してしまうほどで、押せ押せで責める主人公とどうしても立場や年齢を考えてしまう千歳の攻防や、いつも敵になることが多い妹の名サポートシーンや、主人公の珍しい”ワガママ”等々短いながらも見ていて飽きない内容となっている


ワガママハイスペックOC キャラクター (4)
岩隈 縁√ 【 S 】  1-2h
FDである今作でヒロインに昇格した主人公のクラスの担任。
元ヤンだった過去が原因で若い頃に恋ができず、二十代後半の今は結構願望が異常に高い。

結婚相手を探すための街コンに惨敗し、酔って道を歩いていた縁に捕まった主人公がそのまま…という、どうしようもない流れで関係を持つところから話が始まる。
教師と生徒ということで生徒会メンバーに秘密で恋する二人のシーンや気は強いけど、押されると弱くて流されてしまう縁のかわいらしい一面等々、個別√では本編ではみせきれなかった縁の魅力を、楽しいキャラクター同士の掛け合いたっぷりのお話で、存分に見せてくれている√となっている。


【推奨攻略順 : 未尋→兎亜→アーシェ→縁→奏恋→千歳→かおるこ 】
攻略順に特に指定はないものの、千歳やかおるこなどは後ろに回しているのは内容も考慮したうえでの個人的な好み。


CG : 【 S 】
前作同様の高品質の絵。
量に関してもキャラが増えた分、どうしても一人一人の分量が減ってしまってはいるもののファンディスクということを考えれば十二分に評価できるだろう。
SD絵も各キャラ1枚は入れてくれていることを追記しておく。


音楽 : 【 S++ 】
BGMは26曲、Vo曲9(OP2,ED7)という構成。
「進む勇気をくれたのは」の速弾き等々、懐かしくもすばらしいものはあるがBGMに関しては目新しいものはないため、評価外。
やはり驚きは2つのOPと各キャラEDを用意したVo曲。
特にOPの「Hey Darling!」はテンポよく歌い上げられた良曲でその他も数が多くどれも等しく素晴らしいので他に特定の曲をここで挙げることはしないがとても良い。
各ED曲はすこしだけ各キャラクターを意識した内容になっている。


お勧め度 : 【 S+ 】
まどそふと制作の前作「ワガママハイスペック」のアフターや新ヒロイン3人の話を追加したファンディスク作品。
もちろん内容は前作を引き継いでいるのでプレイは必須ではあるものの、その上でさらに面白くなっていることを約束できる作品。
全体的に短めではあるが、完成度の高い作品なので、前作が好きだった方はぜひプレイしてほしい一品に仕上がっている。


総合評価 : 【 S+ 】
ファンディスクとして、シナリオも十二分に充実しておりその他の部分でも全体的な完成度が高くこの評価とした。


(ぶっちゃけコーナー)
前作ではアーシェ√と兎亜√で泣いたんだけど、今回はかおるこ√と千歳√で泣けてしまった。
とくに千歳√はわりと後付けなのかもしれないけど、ああいう設定を上手く入れてきていたのはニクイなぁ…。
全体的にそうなんだけど、今回は新規追加のヒロインもうまく魅力を出せていた印象が強くて、縁なんかはすごく声優との相性がいいのか、一つ一つのセリフの威力が高くてたまらなくかわいいんだよね。
奏恋√では新規で奏恋の妹二人も出てきてはいるけど、あんまり活躍どころがなかった友人二人の出番もあったりと、全体的にバランスがいいよね。
後は何より、笑いがすごく強くなってるわ。
細かい主人公のツッコミやネタ、キャラ同士の一つ一つの掛け合いが、ああもスルスルと出てきているあたりは感嘆するほかないよ。
だからこそ、普通の話でも面白く感じるんだろうなぁ。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ワガママハイスペックの感想
2016-06-10 Fri 00:00
<作品名>    ワガママハイスペック
<製作会社名>  まどそふと

ワガママハイスペック

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは比較的量があり、個別ルートは一般的な長さ。
全体的なボリュームは平均か少し少ないくらいだろう。

【推奨攻略順 : 未尋→兎亜→アーシェ→かおるこ 】
攻略順に指定はないため、好きなキャラから攻略するのが望ましい

CG
S
線は細く塗りの濃い、艶やかさのある絵。
質の高さは言うまでもなく、萌え・エロ重視のゲームということで、一般イベントCGが不足しがちだがそれでも4キャラそれぞれに10枚前後、SD絵もいくつか存在している。

音楽
S+
BGM28曲(inst含)、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
明るく、騒がしい曲が多く感じ、中でも「進む勇気をくれたのは」など物語の後半(エピローグ部分)で流れるBGMにも好印象。
Vo曲もOPはノリの良い良曲で高評価。

お勧め度
S+
萌えゲー・キャラゲーとしてはもちろんお勧めできるのだが、そこにシナリオを求めている人にもこのゲームを押しておきたい。
ベタな展開こそ多いものの、素直に書かれたシーンは受け入れやすく時に涙するほど。
キャラがしっかりとしており、笑いも多いので飽きが来ないのも評価の一つ。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

舞台は元お嬢様学園。
ある日呼び出された生徒会室で主人公が漫画家だということがバレ、さらにヒロインのかおるこが作画担当だったと知る。
そして生徒会に入ることになった主人公はワガママな日々に身を投じていくことに――。

俗にいう生徒会系の恋愛学園物である今回の作品。
そのなかで主力を置いてるのはキャラクターの萌えとエロなのだろう。
そのおかげもあってか、キャラゲーといってもいいほど各ヒロインは完成されている。
なんといっても大切な要素である「ワガママ」で「ハイスペック」が各ヒロインの構成要素として表れている。
「ワガママ」というともすれば嫌われそうな成分であるが、これは作中で言い換えて「主人公に頼る・信頼」として描かれている。
そのせいもあって、各ルート後半は「ワガママ」に巻き込まれて主人公が苦戦する日々が描かれていることが多い。特にアーシェや兎亜√は今までの軽いノリに反して辛くなるシーンが多く、関連したシーンで思わず涙するほど。
もう一つの要素である「ハイスペック」はヒロインのキャラクター性を際立たせるという役割を担っていたほか、アーシェ√では少し違う使い方もされていて、そこも見どころ。

展開としてはどちらかというとベタで予想のしやすい物ではあったのだが、いわゆる王道は安定して書ければそれだけで力の出る効果を得られる。
今回は各キャラクターのキャラが立っていたことに加えて、日常シーンの笑いをしっかりと取れていたりと全体的にシナリオ面でのバランスが取れていたように思える。
そのため各キャラへの感情移入が高くなり、いい意味で「事実以上」の効果を得られたのではないだろうか。
漫画家×作画のペアのかおるこ√も最初こそ一抹の不安を感じたが、ニクイ演出(というよりも表現)である意味この設定の形になった事に納得。

コンフィグも使いやすい。
立ち絵鑑賞もついており、外部画像も読み込めるなど面白い演出もあったのも魅力。
動画やOPとEDは視聴不可。

【総括】
あくまでエロ・萌えゲーであることは否定しないが、シナリオにも十二分に魅力がある良作ということで今回の総評

(ぶっちゃけコーナー)
発売してアニメ化もされている作品ということで注目した人も多いのかも?
個人的にはキャラよし、笑いよし、ストーリーよし、と全体的に満足だったし。
アーシェ√と兎亜√での主人公の頑張りは本当に泣けた。
というか、無理する主人公に今回は泣かされたんだろうなぁ…。
この二つのルートで私は泣いてしまいましたよ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
ナマイキデレーション の感想
2013-09-03 Tue 12:00
<作品名>    ナマイキデレーション
<製作会社名>  まどそふと

11.png

シナリオ構成
S
攻略キャラは全4キャラ、共通ルートは平均的な量があるものの、個別ルートはどれも1-2h程度しかないので全体的なボリュームは少なく感じるだろう。
攻略順にも指定はなく、好きなキャラから攻略すればよい。

【個人的おすすめ攻略順 : みさき→渚→汐里→メイ】

CG
S
質感は堅く、濃い塗の絵で、ところどころのイベントCGには違和感を感じることもあるが、瑞々しさは出ており、概ね上出来と言える。
全体的な枚数に関しては平均的だが、どちらかというとエロ方面のCGが多め。
SD絵も少数ながら存在する。

音楽
S
BGM20曲、Vo曲3曲の少々コンパクトな構成。
BGMは作品に合わせて明るめのものが多く、その他も平均的なものがそろっている。
ED曲は落ち着いて聴ける曲なのだが、それ以外の曲はかなりPOPな軽い曲に仕上がっており、違和感は感じるかも。

お勧め度
S-
学園恋愛ものだが、少々青春要素もある。
ただ、かなりオーソドックスであるため、新鮮味は一切なく、肝心のナマイキ要素についても微妙だったと言わざる負えない。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
主人公が文化祭実行委員に入り、その関係で5人の少女と出会う。そして学園の文化祭についての問題と向き合うことからこの作品が始まる。

かなりオーソドックスな青春・恋愛学園物のていで始まる今作。

作日自体は軽い笑いを多く挟みつつ、かなりテンポよく進む。
笑いに関しては完全に数うちゃ当たる方式で、オーソドックスなもの、かなりコアなものからメタまで乱打するものの、質に関しては低い。
また、特徴として主人公のセリフによく顔文字が入ることも付け加えておく。

登場するキャラも、インパクトこそあるものの、どこかで見たことがあるようなキャラが多く、この作品のメイン要素である「ナマイキ」要素がほとんど見られない。
というのも、この作品の根幹部分である「ナマイキ」な要素は好意からくるというスタンスであるため、あまり各キャラの性格に影響しなかったのだろう。

序盤はヒロインたち+主人公で行動する部分が多く、CGもそういったものが多くあったのは評価したい。

シナリオはそういった共通ルートの比重が多いのだが、個別に入ると特定ヒロインと仲良くなっていくシーンがひとつ入り、告白に至ると、エロシーンが大量に入り、そこからは流れるようにEDまでまっしぐら。
なので、難しく考えることなく攻略・プレイは出来るので、そういった方には満足度が高くなりそうだが、シナリオに何かを求める方には今一つ物足りない作品となっている。

もう少し細部を凝って作って、キャラにもう少し特徴を持たせ、全体的にボリュームを厚くすればもう少し評価は伸ばせたかもしれない。

コンフィグ等は簡素ながらも十分にそろっている。
現状、各種不備がいくつかは見つかっている(立ち絵の位置など)


【総括】
主題でもあったナマイキ部分の特徴がはっきりと出せず、最終的には、一般的な学園恋愛ものになってしまっている。
他と比べて何かが秀でているわけでもなく、主張している部分(他と大きく違う部分)もあまりなく、残念ながら平均以下の評価を下した


(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ん~何度も言ってるけど、ナマイキ要素ないよ?
というかこれはツンデレじゃね? いつもツンツン、たまにデレの…。
評価しようと思ってもあんまり出来ないんだよな…。
どのルートも平凡…最後が予想できるし。
シナリオ重視じゃなくて、イチャラブ重視でも、もう少し面白い日常シーンを期待してしまうのは贅沢なんだろうか…
まぁ、いろいろと改善できるところはあるはず…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |