自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ルリのかさね ~いもうと物語り~の感想
2018-02-01 Thu 00:00
<作品名>     ルリのかさね ~いもうと物語り~
<製作会社名>   ねこねこソフト


ルリのかさね ~いもうと物語り~
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S- 】
田舎の神社を舞台とした作品。
姪を引き取って子供が子供を育てる作品…なのだが「この時代にこのテイストの作品!?」と言いたくなる2000年代初期感を感じる作品で、シナリオやシステム面でもそれに準じたものになっている。
タイトルにもある幼女のルリがメインといえる構成にはなっているものの、各ヒロインルートでは割と放置されているルリが印象的。
感動出来なくもない設定ではあるのだが、泣きゲーと言うわけでもなく、欝ゲーと言えるほどでもなく、萌えゲーと言えるほどでもなく、、、シナリオ自体がまったくダメなわけでも、変に偏っているわけではないのだが、きつい言葉で表すと強みがあまりないシナリオとも言える。
全体を通しても短いシナリオなので、出来る限りメッセージ性の強い内容にしたかったところ。


共通√ 【 S 】  1-2h
回想シーンで始まるが基本的にはルリとの出会いの日々から主人公の父親とルリの両親の死亡、そしてルリを主人公が引き取るところまでが共通ルートとして描かれている。
基本的に作品(個別√)のメイン社会人(26歳)になってからであり、共通ルートは過去の話になるのだがその選択内容で未来が変わるのはいつもの仕様。


初駒ルリ ルリのかさね ~いもうと物語り~ ねこねこソフト
初駒ルリ√ 【 S 】  2-3h
主人公の姪であり、作品の途中からは妹として生活を共にする。
いつも着物を着ており、大福が好きな普通の女の子で、性格も人見知りはするものの割とアグレッシブだった。しかしながら両親を亡くして主人公と共に生活をするようになってからは少し大人しくなっている。

個別√では共通√から引き続き両親をなくしてからの二人の生活が描かれている。
合計で3つの√が存在しており、特に個別√の後半部分かけて内容が大きく変わっており、主人公とルリの心の距離如何によって2つの√二分岐する形となっている。
とりわけその中でも一つの√はかなり重めのBAD√とも言える内容であり、シリアスな話であることも含めて賛否両論出る作品かもしれない。
残りの√は正直、どこまでいってもルリのお話…というレベルの物で物語としての進展が殆どない日常を繰り返し描き続けたものとなっている。


柚子希 佑咲 ルリのかさね ~いもうと物語り~ ねこねこソフト
柚子希 佑咲√ 【 S 】  1-2h
主人公の神社と取引をしている商店の娘で、学生時代はかなり人見知りが激しかったが社会人になってからは改善し明るい性格になっている。
学生時代では主人公の隣の席だったりもするが、家の仕事が朝早いためかいつも机に突っ伏して寝ている事が多かったが、商店関係の仕事や神社の仕事を通して同じ時間を過ごすうちに自然と一緒にいる時間が増えていった。

個別√は前半が学生時代、後半が社会人(26歳)になってからを描いており、学生時代ではおどおどしている佑咲との出会いや主人公との距離が「家族みたい」と言えるほどまでに近くなってゆき、”幼馴染”のポジションとして過ごす様子が描かれている。
「日常の変化」ということで、二人が積み重ねてきた時間をテーマとした√ということもあり、短いシナリオながらも佑咲の心情を丁寧に描写しており、シリアスというほどではないものの終盤では終盤はそれなりの盛り上がりもある。


菊正宗 依知子 ルリのかさね ~いもうと物語り~ ねこねこソフト
菊正宗 衣知子√ 【 S 】  1-2h
いつも元気で明るい性格でいくつものバイトをかけもちするバイト戦士。
何かをするためにお金を貯めているようなのだが詳細は不明で主人公らからは親しみを込めて酒の銘柄と同じ「いいちこ」と呼ばれている。

共通ルートから数年後の話から始まるり、ルリ・佑咲√の一部はすでに経過した後なので回想シーンでは一部イベントが見られる。
いつもバイトを続ける衣知子に過去の自分を重ね、その姿を何かと気にしてしまう主人公が絡んでゆくことで物語は進んでいく。
テーマは彼女の「将来」でシナリオ自体はシリアスなのだが非常に短くサクサクと展開していくのが特徴的。


[ 主人公 ] 初駒 健志
今作品の健ちゃん。
実家の神社を手伝っているためか学園での交友関係は狭く、ルリを引き取ってから佑咲意外とはさらに疎遠になっている。
しかしながら社会人になってからは神主を務めながらサラリーマン(営業)をこなしたりもしており、常識人に近いためツッコミ役になることが多い。
学生時代からおみくじ代金がおこずかいだったためか、訪問者へ積極的に勧めたりと金に対してがめつかったが、ルリを引き取ってからは生活の為にさらにお金を大切にしている。

【推奨攻略順 : 佑咲→衣知子→ルリ1→ルリ2→ルリ3 】
攻略順に特に指定はないものの、

CG : 【 S 】
線が太く濃い塗りの絵で古さ・硬さを感じる所も有る。
CGではビジュアルイメージのみが先行してしまった(特にルリ)CGが見受けられ、バランスが不自然に感じるものもあった。


音楽 : 【 S 】
Vo曲3(OP/ED2)、BGM曲と言う構成。
古き良き…といったテイストの曲が多く、BGMでは印象強い旋律をつかったものが多くここに関しては比較的レベルが高いといえる。
Vo曲もBGMと同じく特徴的な旋律を使ったものでありレベルは高いのだが、何よりも作中での映画のような曲の挿入方法を評価したい。


お勧め度 : 【 S- 】
ねこねこソフトの作品自体としてはこんなテイストのものもあるので、初心者ではなく同社の過去作を多くプレイしている人にのみお勧めしたい作品ではある。
しかしながら古いシステム面、特にボイススキップがデフォルトだったあたりなども評価しにくい所は多い。


総合評価 : 【 S- 】
シナリオは並以下、システム面は悪、音楽は良、と全体的に悪めの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
いろいろとコメントすべき所はある。
まずはやっぱり作品のシステム関係。
…現代のレベルから考えるとさすがに進歩しなさすぎ…というか、機能がいろいろとないからプレイのし辛さみたいなのがある。
雰囲気作りのために、そういうことをやってるならいいんだけど、10年前の作品と同じレベルのシステムを見せられると、コレがシナリオに一切絡んでないとは言いがたい。
シナリオ自体に関してはん~評価してないわけじゃないんだけど、ぶっちゃけていうと「何が言いたいの?」って言いたくなる内容なんだよな。
そりゃまぁ、感動しそうだよねっていう設定なんだけど、そういう設定を使うならやっぱり泣き所での演出とか、そうでもなくとも作品の主張となる部分の展開とかそういうのに命をかけてほしい所なのに、ルリ√に関しては特に中途半端なところが多い。
幼子のルリを使って何を表現したいのか、この作品の強みはどこなのか、萌えでも泣きでも懐かしさでも何でもいいけど、そういうのが伝わってくるシーンがないのはさすがにきついかもしれない。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]すみれの感想
2015-07-14 Tue 00:00
<作品名>    すみれ
<製作会社名>  ねこねこソフト

すみれ

【冒頭】
愛想笑いを覚え、何とか社会人として慣れてきた日々。
夜には多恵やピンク、そして新しく入ってきたモエといったネットの友人たちと下ネタで盛り上がっていた。
そんなある日、偶然出会った気弱そうな少女がモエの中身だという事を知ってしまう主人公は――。


シナリオ構成
S
選択肢はあるものの、物語としてはほぼ一直線。
ゆえにボリュームも少々物足りなく感じることが多く、一般作品の半分程度。
しかしおまけ部分としてのシナリオを含めると、ある程度だがその差を埋められるかもしれない。

【推奨攻略順 : ほぼ一直線】
選択肢はあるが、攻略順は決められてるといってよい。

CG
S
独特な質感の絵で、綺麗なものに関してはかなり質が高いのだが、バランスの悪い物も数多く存在しており、質としては安定していない。
枚数はストーリーの長さを考えると十分か、おまけ要素部分も含めるなら楽しめる量はある。

音楽
S+
BGM13曲、Vo曲4曲という構成。
一応鑑賞できるものだけなのでもう少しあるのかもしれないが、少々物足りなく感じることは多かった。
物語自体が短いのがある意味で幸いだったと言える。
一番評価したいのはVo曲の「Sleeping Pretend」で、この曲があるからこそ評価が一段押し上げられたといっても過言ではないほどの名曲で、ぜひ作品をプレイ後に歌詞と共に深く聞きこんでほしい。

お勧め度
S
15周年作品ということで、過去作のおまけも多く、ねこねこ信者にはぴったりの一品。
逆に関係が薄かったり、これが初という方には少々お勧めしにくいのは事実。
シナリオとしていい部分もあるにはあるので、その部分を目当てにプレイするならあり。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

物語の大きな流れとして、すみれ√→雛姫√→あかり√という風に順にヒロインを攻略していく形をとている今回の作品。
しかし、それぞれの√間はかなり中途半端な形で繋がれているので、話の展開を理解するのにプレイヤーは非常に疲弊することになるだろう。

シナリオとして評価したいのは序盤~中盤の雛姫√まで。
特に序盤のすみれ√は、それだけで終わらせていたのなら、評価をワンランク上にしてもよいほど。

とにかく全体的に不器用な描写が多く、非常に読みずらい。
その中でも確かに光る√はあり、Vo曲などと合わせてある程度良い雰囲気を出せているシーンもあり、その点については評価したい。
しかしながら、それでも庇いきれないほどシナリオとテキストに問題があった。
シナリオとしては後半、前半までの素直な物語はどこにいったのか複雑かつ分かりにくい(整理されてない)ものとなっており、読みずらく内容自体が難しいこともあって理解するのも難しい。
テキストとしても、短いはずの物語の中でだれてしまう文章があったり、作品の世界へ引きつける力が無かった。

ヒロインが3人しかおらず、それでいて萌え等ではない作品である以上、それぞれのキャラの心理描写や物語の作り方には細心の注意を払わなくてはいけないはず。
どの点に重点を置き、どこを見せたいのか、如何してそれをみせる意味があるのか…などなど、それらの点を考えると今回の作品は悪い例に当てはまってしまいそうなほど。
前半がよかっただけに少し残念な結果となっている。

ねこねこソフト15周年のソフトということで作中にはおまけのようなものがあり、その要素の一つとしてあげられるのは、途中の15周年のおまけゾーン(?)。
ネットゲームをプレイしているという体で、とあるMAPを徘徊することで人物に出会う事ができ、その人物についてのショートストーリーを見ることができる。
過去のねこねこソフト作品から様々なキャラが出てきており、プレイした作品のキャラが出てきていれば楽しめる部分は多いだろう。。
ただその出会いイベント発生はランダムで、全部を見るのには少し苦労するうえ、全部を見れているのかどうかが分かりにくく、その辺りはプログラムにもう少し改善が必要だろう。

全体的にシンプルなコンフィグだが、機能自体は一般的なものがそろっている。

【総括】
良い部分も見られたが、シナリオとして未熟な部分が多くみられ、良い評価を与えることはできず伸び悩んでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
ほんと、すみれ√辺りまではよかったんだけどな。
というか、話の流れ自体は悪くないと思うの。
もっとうまい人が素直に、余計な部分をそいで書けば、短くはなるけどすごくいい作品になると思う。
ただ今回は、余計な部分と重要な部分の区別がついていなかったのかな…という印象。
すごくちぐはぐで、読んでてよく分からなくなるんだよな…。
もちろん、作品に関してさらに深く考察したりすることで、作者の思惑のようなものはあるのかもしれないが、少なくとも最初にプレイした人を引き付けることができなかった時点で、考察が入る余地も無くなってしまう事を考える必要はあるかもしれない。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
ゆきいろ~空に六花の住む町~ のレビュー
2012-09-07 Fri 00:00
<作品名>    ゆきいろ~空に六花の住む町~
<製作会社名>  ねこねこソフト



シナリオ
S-
ルートは5本、若干の攻略順は決定されているが、なかったとしても、ネタバレになるようなことはあまりないと言っていい。
ねこねこソフトらしく、過去と現在に分かれており、過去の選択肢によってのみ現在の設定が少し変わり、攻略キャラが変わる。

CG
S-
立ち絵に関しても、CGに関しても綺麗な絵とそうでない絵の差が激しい。
特色と言ってしまえばそれまでではあるが、やはり受け入れがたい絵があるのは事実。
綺麗な絵が多い現代の作品の中ではそれが少し悪目立ちをする。
作品としてはマルに関してはかなり多いものの、他キャラのCGは少なめ。

音楽
S+
質の高いものがそろっていて、少々評価を下げすぎたかと思っているくらい。
特に「ゆきいろ」のメロディ、「六花のうた日本語Ver」なども見逃せない。(サントラに入っている)
BGMに関しても同じく質の高いものがそろっている。

お勧め度
S-
ねこねこ作品らしい作品といえばかなり当てはまるが、これまでの傾向よりも若干全体的に明るめの話になっている。
そのため、これで物語になっているのか…? と物語に物足りなさを感じるかもしれない。
個人的には相性の合わない作品である。

総合評価
S-

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

北の大地北海道での物語。けど、グアムもでてきます。
メインは「深雪」こと「マル」のお話ですが、それが一番濃いというだけで、他のキャラがないがしろにされているわけではない。
マルルートに関しては、ところどころ光るところがみられ、設定はいいし、音楽もよいので、
演出や文章によってはもう少し行けたのかなぁ、と思うのが正直なところ。
他のキャラのルートに関しては基本的に明るい話が多く、理解不能なところもあるが
(変だな、と思うだけで、物語自体は単純)
ギャグも少しはあるから読み進めることはできるだろうか。
過去編が共通として存在しており、その選択肢によって現在編は完全にルートに入ってしまい
最初の文字から展開までほとんどが変わる。
そのため、各キャラのプレイ時間は少し長めになりがちだが、個別ルートが案外短いので
全体的には平均か、それよりも少なめの作品になる。
今までとは違い、明るい話が前面に出ているが、
逆に言うと深みをなくした。
それがあれば泣けたか、というのも難しい話だが…。
ある意味昔懐かしのゲームではある、が
泣きげーというには涙成分が足りず、キャラゲーというには絵のきれいさが足りず、
ギャグは並み、燃えはなし…という、強みのないゲームになってしまった。
単純にするにしても、過去のような純粋な泣きげーを自分としては求めていきたい。
よって、今回は少し全体的に厳しめの評価にした。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ねこねこソフトのファンにはたまらない1品。
ただ個人的にはあんまり合わず、評価は抑え目になっている。
泣きゲーとしてプレイするのは問題ないが、あまり過度な期待は禁物だろう。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
サナララ のレビュー
2010-09-06 Mon 00:00
<作品名>    サナララ
<製作会社名>  ねこねこソフト
サナララ
シナリオ
S++
物語は4章に分かれており、それぞれヒロインと主人公が違う話になっている。
舞台や大まかな設定は同じで、季節も4~5月とほぼ同時期。
各章の長さにも差はあるが1~2時間ほどで終わり、全体的にも短い。

CG
A++
古い作品のため時代的なものもあり、やはり低評価。
システム面の絵も、キャラの立ち絵もどうしても気になってしまうが、
CGはまったりとしたこの作品にふさわしい、やさしい絵で実にいい出来だったので物語の雰囲気を害するほどではない。

音楽
S++
OPはないが、歌入りの曲は2曲、BGMも少なめだが、それぞれの破壊力は高い。
特に「春風」「春風 オルゴールVer」は流れた瞬間に涙腺を破壊する。
やさしく、ひたむきで、じっちょく…そんなイメージが全体から伝わる。

お勧め度
S++
過去の名作として有名? なこの作品。その評判にもれずかなりのものだった。
ストーリーに泣かされたのか、音楽に泣かされたのか、またはその両方なのか…
定かではないが、かなりの破壊力を持っていたのは確か。
過去の名作として進めてみたい作品である。

総合評価
S+

誰にでも訪れるという「一生に一度のチャンス」
不思議な「システム」による「チャンスの享受者」と「ナビゲーター」がおりなす物語。

かなり、特殊な設定が施されているこの物語。
各章担当するシナリオライターも違い、ともすれば混乱しそうな設定もあるが、
第1章によりテンポ良くうまく説明されており、
その後の物語や、2,3,4章に何の疑問もなく入ることができ、その点に関してはかなりの高評価をあげたい。
各章、短いながらも、その完成度はかなり高く、挿入歌が流れなくても泣けるところは多い。
物語もキャラや設定だよりではなく、
ストーリーやキャラ、そしてCG…すべての歯車がうまくかみ合ってこの作品になったという印象を受ける。
もっとも泣けるであろう場所だけではなく、
タイトルである「サナララ」の意味が分かったときや、各エピローグ…各所
本当によい雰囲気で、テンポよく、さやしく、しかし、伝えることはしっかりと伝える。
長く心に じん、と残る作品だった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
昔の名作を上げよ、と言われたら迷わずこの作品が出てくる。
それほど、素朴によい泣きゲー。
特に、各シーンでの文章・BGM(無音を含む)・声・演出の混ざり方が秀逸。
泣きげーファンなら迷わず手に取ってプレイするべき作品。
最近リメイクされている物が出た。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
みずいろ のレビュー
2008-10-09 Thu 00:28
<作品名>    みずいろ
<製作会社名>  ねこねこソフト

シナリオ
A+
先が分かる展開で、飽きが来るかも。
個人的に何度も寝てしまった。

CG
A++
普通。しかし、少し硬い質感の絵。

音楽
A+
光るものがなかった。

お勧め度
A
個人的にはあまりお勧めしないものである。
ただ、根強く好きな人もいるのは確か。

総合評価
A
シナリオで先が読めてしまい、大きな逆転もないの。
ある種、王道の展開ともいえる作品なのだが、演出の下手さ、BGMに光るものがなかった。
と、そこが一番痛いところだろう。
キャラで、クリア対象になるかどうかで性格が変わるなど、
シナリオでは少し光るところもあったのだから、ある意味おしいところもある。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
王道の学園物と言えるもので、好きな人は好きな作品なのだが、
個人的にすごく合わなかった。
キャラにすごく特徴もあるので、ネタになっていることもある。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |