自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー] ちいさな彼女の小夜曲の感想
2013-11-09 Sat 12:00
<作品名>    ちいさな彼女の小夜曲の感想
<製作会社名>  feng

11_2013110820393337a.png

シナリオ構成
S
攻略キャラは5キャラで攻略も分かり易い。
全15~16章構成で9章までが共通ルートとなっている。
1章が10~20分程度と比較的短いので、全体のボリュームとしては少し少なく感じるかも。

攻略順に指定は無し
【おすすめ攻略順 : 水夏→茉莉→花梨→楓→汐音】

CG
S
線がかなり細く、淡い塗で幼く、そして繊細なイメージを受ける。
イベントCG数も多く、質も所々怪しいものがあるが概ね高レベル。
SD絵も豊富。

音楽
S+
Vo曲2曲(OP・ED)、BGM31曲(Vo曲アレンジ含む)という構成。
全体的に一般的な曲をそろえており、中にはBGMをアレンジしている物も数曲存在している。
特に綺麗なBGMの質が高く、重なる二人の想い」や「マリンブルーに沿って piano」などそこそこの破壊力を持つ物も。

お勧め度
S+
基本ハーレムゲーで、ギャグ成分の多い萌えゲー。
そのためあまりシナリオ部分に期待してのプレイは推奨しない。
ただ、読後感は爽やかで、基本的な部分が上手に作られているため、ジャンルを理解したうえで舞台や設定、キャラが気に入った場合はプレイを推奨したい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
海辺の町を舞台とした作品で、主な活動場所は喫茶店や学園となる。

非常に簡潔なイメージを受ける文章でテンポがよく展開も早い。
文章に慣れるまでが大変だが、飽きることなくスイスイ読み進めることができる。
また、非常にギャグ成分が多く、共通から個別に至るまで、いたるところにちりばめられており、また全キャラを絡めてくれるので、各キャラの性格・特徴等もよくあらわれており、その辺りは十分に書きこめていた印象を受ける。
特にキャラの中にはかなり特殊な性格をしている物も居るため、そういった部分をまろやかにするためにも非常に役立っていたようにも思える。

全体的に非常に軽い作品で、シナリオ部分にあまり重みはないため萌えゲー成分が多い。
また、初期から全キャラの主人公への好感度が高いためハーレムゲーでもある。
どちらかというと、素直に物語を展開をさせていくので、大筋は読みやすい。
しかしながら、細かいところを十二分に詰めて作ってくれていたので、小さな所で驚き等もある。

また、話自体は重くないのだが、いくつかの√でキチンとヒロイン達の失恋の様子が描かれていたのは好印象で、光るものが見られる。失恋までは行かなくとも、今後のスタンス等をきちんと描けていた部分に関しては高く評価したい。

日常シーンから個別ルートまで、ギャグを通して攻略していないヒロインやサブキャラを比較的よく動かせていたのもよい印象を受けた所で、そのため物語後半に至っても全キャラがよく出てきて、物語の明るい雰囲気が崩れていなかった。

上記のように、基本に忠実に作られているため、初心者から玄人まで、ジャンルさえ気に入れば十分に楽しめる作品となっている。

ただ、その中で気になってしまった点もいくつかある。
例えば、エロシーンがそれまでのシナリオでのヒロインのイメージを著しく崩してしまったり、EDの動画がOPを編集しているものであまり良くなかったり、と目についてしまう物も多々あった。

出来れば、もう少しシナリオを深く作りこんでほしかった、という意見もある。いまは舞台設定等かなりなおざりな扱いをしていたが、その辺りを使用したり、各キャラの山場をもう少し掘り進めたりと、物語自体の深みを作ってくれていれば二段も三段も評価を上げただろう。

コンフィグに関してはいくつか気になるところもあったが、一般的に使えるだろう。

【総括】
学園・喫茶店を舞台としたギャグ多めの萌えゲー。
シナリオ自体は薄いものの、その他の部分に光るものが見られる。ジャンルのせいもあって評価は低いが、評価以上の出来と思っていただいて構わない。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
複数ライターだけど、まぁあまり気にならなかったかも。
ギャグがホントよかったね、物語を勧めるときに各部円滑になったわ。
あと、失恋シーンはきちんと大切に描かれていたのが個人的にいい。
楓√とかね…でも彼女のルートのエロシーン、最後の方…あれはないわ。
汐音ルートは完全に読み違えていたから、水夏に気付かされた時は新鮮だったなぁ…。
絵も綺麗で、そのまま見入ってしまいたい物もいくつかあったし。
兎にも角にも、萌えゲーとして、ギャグゲーとしてなら高評価作品だと思う。
個人的に肌にあっただけなのかな?
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |