自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


その横顔を見つめてしまう~A profile完全版~ のレビュー
2011-08-20 Sat 00:00
<作品名>    その横顔を見つめてしまう~A profile完全版~
<製作会社名>  あかべぇそふとつぅ
5.jpg


シナリオ
S
ルートは3本でどのルートも比較的短め。
なので、全体としてのボルームも少なめ。
シナリオのクリア順は守ったほうがよい。

CG
S--
主に立ち絵、一部CGなど、バランスのおかしい部分、醜い部分が存在する。
それでも、重要な場所にあまりミスがないのと、慣れで気にならなくなることも。

音楽
S
OP、ED,BGMともに長さ相応のものが存在。
質等は問題ないが、破壊力のあるBGM(泣きを誘う)に威力が足りなかったのはさびしい。

お勧め度
S
るーすぼーいさんシナリオの作品の一つ。
車輪やG線で興味の湧いた人はやってみるといいかも?
過度な期待は厳禁。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

上記でも述べたように、るーすぼーいさんシナリオの作品。
その作品の特徴は、既にやっている人ならご存じのとおり。
この作品も例外ではないが、他の作品に比べるといまいち破壊力に乏しい。
作品自体は過去や個人の謎を徐々に明かしながらの、学園物。
最初から速いテンポで文章が続くので、のめり込まなければおいていかれることも。
また、ルートをクリアする順番を間違えると、
他のルートで核心の謎となっている部分があっさりと出てきていたりするので
ルートの順番は厳守するように。
莉寿⇒未来⇒美桜
莉寿と未来にのみ2つエンドが準備されている。
泣きシーンもあるにはあるが、泣けるかどうかは人それぞれ。
過度な期待をせずにやれば、なかなかに楽しむことはできる作品ではある。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
一応泣きゲーに分類される。
後半になって一気に物語の真相が分かっていく(急展開する)形が好きな人にはお勧めのゲームになるのだが、いかんせん全体的に酷い部分が多すぎるのが現実。
シナリオライターのファン等の理由があるならば、やるとよい。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |