自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]夏彩恋唄の感想
2017-02-04 Sat 00:00
<作品名>    夏彩恋唄
<製作会社名>  すたじお緑茶

夏彩恋唄

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは3-4hで個別ルートは2h程度となっており、全体的なボリュームは乏しい。

【推奨攻略順 : 彩花→紫苑→光→悠那 】
各個別にネタバレ等はなく、攻略順に指定はない。

CG
S
以前より塗りに立体感が増え、テカリが増えた絵。
いままでよりエロ部分に重点を増やしているので、そういったシーン用のCGが増えているイメージ。なお一部SD絵や以前までのような特大サイズのCGもきちんと存在している。

音楽
S
BGM14曲、Vo曲1曲(OP)という構成。
DucaさんのOP曲「ナツコイ」はさすがというべきか、1曲だけではあるものの夏らしいすっきりと爽やかな恋を歌い上げてくれている。
BGMに関しては全体的にバランスよくそろえているが、やはり不足気味。
EDがないのもいたいところだろう。

お勧め度
S
すたじお緑茶の「恋色空模様」「南十字星恋歌」の恋シリーズに続く3作目の恋愛学園物。
作中では「南十字星恋歌」の舞台「グインベルン公国」や登場キャラクターの家系等の名前が出てくるシーンも多い。
シリーズ作品が好きだった方はプレイしてもよいだろうが、恋愛学園物としての魅力にかんしては少し欠けていると言わざるを得ない。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

舞台は日本、とある事情のためクラスメイトの女の子と「嘘の恋人関係」になることに。
幼馴染や長く会っていなかった妹、そして許嫁を含めた少し不思議七つの物語。

割と設定としてはありがちな恋愛学園物。
主人公の出自がお金持ちという特殊な点はあるものの、月10万円の費用で妹と二人暮らしをしており、金銭感覚に関しては普通。
そのた家事も一通りでき、勉強に関しても平均よりも少し上というもので、主人公としてのキャラクター性というものに関してはあまり特筆すべき点はない。

物語のメインと言っていいのはやはりヒロインたちの存在。
学校で一番かわいいが、口や性格がかなり悪い(?)嘘の恋人、いざというときに包み込んでくれる姉のような存在の幼馴染、おっとりとした性格だが主人公の事に関してはしっかりと行動をする許嫁、長い間会えずに兄に恋愛のような感情を抱く妹…と、さっくりと書くとこのような感じになっている。
どうしても、この話じゃなきゃかけないヒロイン! というわけではないところが少し悲しいところだろうか。

嘘の恋人である「悠那」と付き合っていくことで、他のキャラクターの魅力に気が付けたり、最初は苦手だった悠那自身への魅力へ惹かれていったりと、単純な物語であるためか、作中でしっかりとヒロインの魅力は伝えられていたし、全体的にかなり無難に作られた印象がある作品。
しかしながら他の作品と「ここが違う!」といえるポイントがあまりなく、他の作品に埋もれてしまいそうだ、というのが最初から最後までの感想。

今までの作品と比べるとエロシーンが多くなったが、個人的な観点からこの部分に関してはあまり評価をしていないし、そうなるとこの作品の魅力と言えるべき部分が消えてしまうというのが正直なところ。

コンフィグに関してはかなり簡素ではあるものの必要最低限の機能はそろっている。

【総括】
作品として完成はしているが、それだけ…という感じ。
失敗はしていないが、成功もしていないということでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
あと毎度のことだが、各話の最初にOPを何度も流してくるのはなぜなんだ…。
EDがないのは結構きつい。
他の作品で当たり前にあるものがないというものは、やはり弱点と言えるだろう。
シナリオの魅力はあまりないのは置いておいて、シナリオのボリューム、BGM、CG等、一般的に誰でも比べられる部分において他作品に後れを取っているというのはやはり厳しいと言わざる負えないような気がする。
嫌いじゃないんだけど、本当に好きと言いにくい作品で、感想を書くにも書くべき部分がなさ過ぎて少し困ったのが本音。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]はにかみCLOVERの感想
2016-06-03 Fri 00:00
<作品名>    はにかみCLOVER
<製作会社名>  すたじお緑茶

はにかみCLOVER

シナリオ構成
S--
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは一般的な長さで、各個別ルートは2h程度。エロ中心の作品なのでその部分を除くとボリュームとしては乏しい。

【推奨攻略順 : 真希奈→えみる→すみれ→莉緒 】
攻略順に指定はないため、好きなキャラからの攻略でいいだろう。

CG
S
線が細く、淡い塗りの絵で立ち絵・イベントCG共に全体的に美麗。
比較的抜きゲー要素の強い作品であるため、一般的なCGの枚数は少なく各キャラ2-3枚がいいところ。
SD絵も数少ないが存在している。

音楽
S
BGMが21曲、Vo曲は1曲(OP)という構成。
BGMに関しては割とどのジャンルもコミカルなイメージを受けるものが多く、曲数も少ないためどうしても演出のバリエーションには限界があったイメージ。
Vo曲についてはOPはノリのいい良曲なのだが、EDがBGMというのが少し寂しい。
OPは音楽鑑賞では聞けないので注意。

お勧め度
S
シナリオを求めない純粋なエロゲーとしては普通におすすめしやすい作品。
いわゆる萌えゲー・キャラゲーに分類される作品なので逆にシナリオに何かを期待しているのなら少しまったほうが良い。
キャラによってシーン数に結構差があるので注意。

総合評価
S--

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

持ち前の好奇心とおせっかいのせいで前の学院で問題を起こし転校となった主人公。
そこに真面目で融通の利かない自治会長の莉緒と出会う。
最初はその融通の利かない性格でぶつかることが多かった二人だが、とあることがきっかけで莉緒のある秘密を知ることになる――。

ネタバレ承知で言わせていただくと、ヒロインの二人は淫魔…つまりサキュバスという、少しSF要素の加わった作品。
ただ、そこに関して深くかかわっていくことはなくあくまでエロシーンのきっかけとして描かれている設定。
いかにそういう流れに持っていくか、というのが基本的にこの作品の名だ位とはなっているが、プレイしていて強引に流れに持って行かなかったのは好印象。
特にヒロインと付き合ってからも日常シーンを割と多めに描いてくれていた。
ただ、やはりあくまで抜きゲーに近い学園恋愛物で、シナリオの中身はほとんどないといってもよい。
OPで言われているような秘密を持つ人物は少なく(多く見積もっても2人)、主人公の過去の話に関しても触れられるのは、真希奈√のみでそれに関しても主人公の「ダメっぷり」を目立たせてしまうだけとなっていた。

サブキャラクターに関しても、よくキャラクターの立った人たちをきちんと作れてはいたのだが、シナリオと合わせて使うことはできていなかったな、というイメージ。
もう少し、シナリオに関して作りこんだ方がキャラクターへの感情移入も強くなり、いろいろ効果的な影響を得られたのではないだろうか。

コンフィグは少し慣れるまで時間がかかったが、プレイするのに問題はない。

【総括】
あくまで抜きゲー・萌えゲーとしては一般製品レベルではあるので、シナリオに関してのみこの評価に影響している。

(ぶっちゃけコーナー)
どうしてもジャンル的に分類しにくい作品なので深く語ることが難しいのだが、シナリオと音楽に関して以外は今までのすたじお緑茶の作品だなーと思える質だったのは。
エロを主体に置いた作品においても、シナリオも蔑ろにするべきではないと思うの、個人的にだけどね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]南十字星恋歌の感想
2014-10-16 Thu 12:00
<作品名>     南十字星恋歌
<製作会社名>  すたじお緑茶

南十字星恋歌

シナリオ構成
S
攻略キャラは5人。各ルート約20話の構成で共通√は結構長く16話程度までになる。
個別ルートは一般的な長さで、まとめである香乃梨√のみほんの少し分量が多い。
全体的にはかなりの分量で平均的な作品以上と言える。

【推奨攻略順 : 魅月→都→咲弥→エリーゼ→香乃梨】
香乃梨√のみ最後のロックがある。基本的にはこの順番の方が話が分かり易い。

CG
S
線は細く、淡い塗。全体的に丸みが多く幼く見える絵。
特徴的なのが縦長のイベントCGが多いという点で、キャラの立ち姿を角度を変更すること無く描ききっている。しかしながらキャラが多いためか一人当たりに対する一般のイベントCGはあまり多くなく、その分豊富なSD絵でカバーしている印象を受けた。

音楽
S+
BGM26曲、Vo曲3曲(OP2/ED1)という構成。
非常にバランスよく集められたBGMは明るい曲が気持ち多め。無論暗いシーンや戦闘用のものなど多岐にわたる物を比較的高品質で用意してくれていた。また、Vo曲についても明るい「Dash Out!!」やEDの「君に出逢って恋をして」等の良曲がそろっている。

お勧め度
S
いつも通りのすたじお喫茶作品と言う感じ。
オーソドックスな恋愛学園物にプラスαをしている作品なので初心者にはお勧めしやすい。
しかしながら、こういった類の作品を多くプレイしている方にはストーリー面において少々物足りない内容になっているので注意は必要。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
とある事情により南の島、グインベルン公国にある日本語学校に入学することになった主人公。転入した学園では「特待科」という多種多様な人間が集まるクラスで過ごすことに。
…という定番の恋愛学園物。
世界観としては前作の話や映像等が出てくるので、今までの作品と共通と考えられる。

登場人物は国のお姫様だったり、いとこだったり、天才だったり…etc、と少々ぶっ飛んだ設定で、そんなキャラに巻き込まれる物語なので展開についても少々一般的な学園物からは外れている。

例年通り各話の最初にOP最後にEDを持ってくる形式をとっている。
話数を設けているためか序盤から物語はテンポよく進み、各キャラの登場シーンをうまくつないでいた印象を受けた。
登場キャラ数が多いので、1キャラ1キャラの個性が死ぬ危険性もあったが、その辺りは綺麗にキャラ付けされており、少なくとも立ち絵のあるキャラに関しては比較的に個性あふれるものとなっていた。

共通√に関しては問題が起こるとサブキャラなどをからめつつ、特定のヒロインを中心とし、最終的には全員で力を合わせて解決するという展開方式のスタンスを崩さず物語を展開していた。
このあたりに関しては非常によくできており、この作品の最も見どころともいえるだろう。

一方で個別ルートではたいてい大きな問題を解決することになるのだが、重要なシーンを後日談のように語る形式が多かった。
そこはリアルタイムに詳細を描写し盛り上がるべき所なので、前半とは裏腹に尻すぼみな物語になってしまっている印象を受ける。また設定についても伏線が多く残り、不完全燃焼な読後感がある。
ある程度の伏線に関してはまとめでもある香乃梨√で明かされることになるのだが、それでも主人公の過去やその他の新しい事実などは曖昧なまま終わらせている部分が目立つ。
ただ、ファンディスク等への伏線なのかもしれない。

物語自体がオーソドックスな恋愛学園物ではあるが、その中にちょっと深い設定等を入れているため目新しさはあるのだが、感情移入という点においては難しい作品だったのかもしれない。無論、中には燃えるシーンやウルっと出来そうなシーンも無くはないのだが萌えゲー要素を前に出した方が無難だったかな、と言うレベルではあった。

コンフィグに関しては不備もなく十分使い易かった。

【総括】
恋愛学園物と言う意味では十二分にしっかりした作品ではあるのだが、後半の展開において少し適当な部分が目立ち、全体的に締まらない作品となってしまった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
今回の主人公はバイトをしていて、結構不遇な貧乏生活をしてる。
だからなのか大人目線での発言が目立つのだが、それが序盤ではうざいのなんの…流れを急に無視してそういう発言をしてしまうから、プレイヤーからすると少し調子に乗った痛い人だった…。
その割に緊急時(そうでなくても)はあせったり無茶したりと子供っぽい部分がめだつし、主張や行動がぶれていたのがどうにも気に入らなかったんだよなぁ…。
ただまぁ、その辺りは後半になって緩和されてたかも。

拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
恋色空模様 の感想
2013-05-03 Fri 12:00
<作品名>    恋色空模様
<製作会社名>  すたじお緑茶

koisora.jpg

シナリオ
S
23話構成、ルートは5本存在しており、内容を大まかに説明すると。
1-8話まで:キャラ等の設定紹介。9-20話:廃校問題。21-23話:各個別ルート。
となっており、各個別ルートは2h程度だが、共通ルートがかなり長く、全体量としてのボリュームも多く感じるだろう。
攻略順の指定はないが、おすすめ攻略順は「彩→聖良→佳代子→静奈→美琴」。

CG
S
淡い色遣いの柔らかくふんわりした印象を受ける絵。
質に関しては少々バランスの崩れているCGや、立ち絵等は脚を長く感じることも。
イベントCGの枚数は平均程度だが、立ち絵の存在するキャラが多く、SD絵もかなり豊富。
エフェクト等も工夫されており、高評価を得られるだろう。

音楽
S+
BGM43曲、Vo曲4曲(OP2曲、ED2曲)という大ボリューム。
Vo曲はなかなかに雰囲気の違う物をそろえており、どれも良曲で、評価したい。
BGMは一般的なものをそろえた印象、努力も見られるがもう少し光る物も欲しいか。

お勧め度
S+
一言で言うなら「シナリオのあるキャラゲー」
学園物が好きな方なら初心者~上級者までそこそこ楽しめるだろう。
この作品では、深く考えない事が大事。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

日曜大工・家事が得意な頭脳派ネガティブ思考な人物が主人公のこの作品。
口癖は「ド畜生」

物語は大きく3つにわかれており、1つは舞台の設定、キャラの魅力引き出し部分。
2つ目が、この作品のキモとなっている「廃校問題」
(ここにだけ特別にOPとEDが別にある)
3つ目が各ルートの話となっている。

23話のそれぞれ、1話が終わるごとに次回予告、OP、前回のあらすじが流れる。
これらはクリックで飛ばしやすいので注意が必要だろう。

そして物語全体の評価について述べていくが、先に悪いところから上げていこうと思う。

序盤から気付くかもしれないが、この作品は言い回しが硬かったり、難読漢字を多用したり等。独特の文章である。

また、主人公の長い一人語りや、無駄に長い説明などがダラダラと出てくる事がある。
こういった所から、特に前半の共通ルートに関して「中だるみ」を感じることも。
その割に説明がほしいところをかなり簡潔にしてあったりなどバランスの悪さも感じる。
後半に行くにつれて、少々ましになるがそれでも無駄は省いてほしいところ。
他にも、キャラの多さから見られる口調の細かいミスなども。
人間感情の変化などももう少し作りこんでほしいところ。

また、物語全体の展開の「甘さ」も見られる。
主人公の頭脳プレイや行動が幼稚すぎたり、それに対するヒロインの対応が過剰に表現されすぎていることや、重要なシーンの展開のさせ方には疑問を浮かべざる負えない物も。
簡単にもう少し良い展開を思いつくくらいなので、シナリオは部分的にかなり低い評価を下している。
個別シナリオ自体は安定的な王道的なものが多かった分、見せ場が「廃校問題」が大きな部分となっている事に注意すべき。
泣きシーンのようなところもあるのだが、上記の部分はどうしても目立ち、さらに音楽の補助もあまりないので泣くことはなかった。
キャラゲーとしては良作、シナリオゲーとしては凡作。

という事を踏まえて、以下良かった所。

少々ネガティブ思考だった主人公が周りとのかかわりを得て、前に進み問題を解決していくある種オーソドックスな学園物。

その学園物の中でも登場するキャラがかなり多く、それぞれきちんとキャラが確立していたところは正直にすごいところ。
それらのキャラをうまく活かした共通での「笑い」「萌え」部分は十分といえるだろう。
その部分を良く理解していたのか、各キャラ√に入っても、多くのキャラが登場し物語を盛り上げてくれているのはこの作品の魅力だろう。
その中でも特に脇役キャラはいいものがそろっていた。捨てサブキャラがほとんどおらず、それぞれにきちんと背景が用意されていたのも印象的だろう。
個人的にお気に入りなのは「教頭先生」
後半から印象が変わるとても人間らしいよいキャラであった。

全体的な物語の展開のさせ方もなかなか見どころがあったと言える。
特にメインとなっている「廃校問題」を中心としてなかなか良い視点から物語をとらえていた。
そのほか個別ルートでの各キャラのつじつまが合っているところなども評価したいところ。

・可変ウィンドウを採用している。
・コンフィグは一定がそろっているものの、その他システムなどもう少しグレードを上げられる部分はある。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
長い感想だったなぁ…短く言うと。
共通は結構いいけど、各ルートの話はお察しの出来。
キャラはいいけどシナリオ単体で戦うのは無理。そんな出来。
難しい事考えず、可愛い女の子とイチャイチャしたいという方や、
少しシナリオ欲しい方ならこのゲームがぴったりな気がする。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |