自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]初恋サンカイメの感想
2017-03-18 Sat 00:00
<作品名>    初恋サンカイメ
<製作会社名>  ういんどみる

初恋サンカイメ

シナリオ構成
S
攻略キャラは5キャラ。
各個別ルートは2-3h程度、共通ルートにもある程度の量があるので全体的なボリュームは十分に平均的といってよいだろう。

【推奨攻略順 : エミリア→翠→姫夏→ゆりの→海咲 】
海咲√のみ、誰か一人攻略後に出現。

CG
S
線が細く淡い塗りの絵。
立ち絵・イベントCG共に丁寧ではあるものの、どことなく違和感を感じるものが多く、バランスやパースなどに多少の不備が見られる。
E-moteを採用しており、目パチ口パク機能が追加されている。

音楽
S
BGM27曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
BGMでは「夕涼」や「スタンドアロン」「見つからない探しもの」など単純ではあれど強い旋律をもつBGMが多く印象に残るものが多数存在している。
Vo曲では榊原ゆいさんのED曲「空色スマイル」が一押し、しっとりとはじまる序盤とは対照的にしっかりと歌い上げられるサビは物語の最後に添えられるものとして十分と言える。

お勧め度
S
全体的に不器用さを感じてしまう恋愛学園物で素直におすすめはしにくい。
舞台としての孤島、映画研究部、小さい子と生活、当たりの要素が好きな人はプレイしてみてもいいのかもしれないが、やはりとっ散らかっている物語のイメージが強い。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

甘く切ない初恋を失恋という形で終えた主人公は人工島『霧ヶ峰』で再びもう一人の少女と恋をする。しかし、そんな彼の前に初恋の少女と同じ姿の少女「リン」がやってきて――。

物語の舞台として挙げられている「霧ヶ峰」は電力を電波で飛ばすという近未来のシステムを採用している島で、物語にほんの少しだけ近未来要素を与えている。
この辺りが物語の不思議な部分の根本を担っており、正確な考察や理論等はすべてなげうっているのが前提である。

過去に失恋をして、新しい恋を始める…という形の恋愛作品はこれまでにも数多くのものが出ている。その中でやはり重要になるのが心理描写といえるだろう。
というのも、物語の構造上あまり大きな事件や事故を起こすとメインフレーム以外の部分が目立ってしまい、結局何を伝えたい作品なのかわからなくなるからである。

さて、今回の作品はそういう意味ではかなりの失敗。
一部で大きな問題が抱えられているため、どうしても感情部分の動き以外に目が行くことが多く、おろそかにされているシーンが目に付く。
だからこそ、なのかもしれないが本当に恋愛学園物として不器用な描写ばかり。
付き合うまでの描写では一部のヒロインの魅力が伝わってこないし、告白してくっついてからもそれは変わらず、見えるのはただただ決まっているシナリオに頑張って向かおうとしてしまうこじつけのようなシナリオばかり。
だからこそ、プレイしていて集中して終えられる…というキャラクターがあまり多くなかった。

映研部である事やリンのこと、過去の出来事やキャラクター、舞台や設定…出てくるものはいいのだが、出すだけだして、そのあとの仕舞方に不器用さが出たのだろうか。

個人的な意見ではあるものの、どのルートも扱い次第では現状の2倍、3倍の魅力を発揮できるシナリオばかりである。
しかし、そういった深めるという行為の前提にあるのは物語自体の安定性である。
そのあたりがグラグラとふらついており、共通ルートでは結局何を伝えたかったのかが分からないまま、各個別へと入っていってしまっている。
できるならば、もう少し共通の分量を増やして、現状をしっかりと伝えつつ主人公を含む登場人物たちの行動や心理描写を丁寧に記録していくべきだっただろう。
そうすることで起こるイベントはあるはずだし、そのうえで命のこもったキャラクターをもってしてエミリア√では「好きになる」ということを、翠√では「家族」であるという事、姫夏√では隠されていた「事実」を、ゆりの√では「恋愛」を海咲√では言わずもがな「過去と現在」をそれぞれに一つに絞って深めていくべきだったように思う。

コンフィグに関しては十分な機能がそろっており、プレイに関して困ったことはなかった。

【総括】
全体的にごちゃっとした話。結局プレイ後に何も残ってないタイプの作品で、粗いが元は悪くもないので、一つ一つ丁寧に作ってほしかったという意味も込めてこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
とりあえず、なんでタイトルやらにエミリアはいないの…? いらないなの…?
各ルートでいろいろ驚きの展開みたいなのはあったんだけど、本当にそれだけというか、なんだろう…緩急がないのかな…どこでどう考えて、どう思えばいいのかわからなくなる。
プレイしていて感情の置場がなくなるってのは致命的。
だからと言って自身で考察して深く考えていく作品でもないしなぁ…。
単純な作品ではあるけど、作り手のほうも魅せるポイントが多すぎて結局全部とっ散らかっちゃった…ってかんじなのかなぁ…。
とりあえず、シナリオに関してはそんな感じであまりよろしくない。
エロに関してはわからん!
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]HHG 女神の終焉の感想
2014-02-13 Thu 12:00
<作品名>    HHG 女神の終焉
<製作会社名>  ういんどみる

HHGRO (1)

シナリオ構成
S+
攻略キャラは8キャラ。
前作同様、3つの学園ルートにメインヒロインとサブヒロインの合計2つの√があり、それぞれのルートを攻略し、さらに3つのフラグを手に入れることにより光理&メフィストルートが解放される形となっている。
相変わらず個別ルートは短いのだが、共通は前作同様分量があり、さらにフラグ回収ルート等も長さがあるため全体量としては十分と言えるだろう。

【推奨攻略順 : エルアリア→フィアナ→綾姫→撫子→オフィーリア→サリー→光理→メフィスト】
光理・メフィスト以外ロックがないため基本的には自由だが、撫子・サリーは最初にやらない方がよいだろう。

CG
S
前回と同様の雰囲気ではあるが、レベルは格段に上がっている。
まだ気になるCGや立ち絵などは存在するものの、ブラッシュアップされたように繊細さに磨きがかかったイベントCGなどは総じてレベルが高い。
ただ、一人一人の枚数も全体を通しての枚数も少ないのが残念。
数キャラ同時にでるイベントCGが多いためか、差分は多いのだが、構図が少ない。

音楽
S
32曲のBGM、Vo曲は3曲(OP1/ED2)という構成。
前作同様、BGMに関しては戦闘や緊迫シーンに向いた暗めの曲が多く、偏り
を感じてしまう。
できれば、作品の雰囲気を変えれる破壊力の高いBGMや燃えるBGMがほしかった所。

お勧め度
S+
前作「Hyper→Highspeed→Genius」の続編にあたる作品。
この作品の身で楽しむことも可能ではあるものの、前作のプレイを強く推奨したい。
前作が気に入った方ながらこの作品も十二分に楽しめるはず。
それ以外の方にとっては何か新しいものを見つけるのは難しいかもしれない。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
FDではなく、続編という位置づけである今作。
公式HPには前作をプレイしなくても楽しめると記載されてはいますが、前作をプレイしない鳥飽き出来ない事が多々あるうえ、楽しめないシーンも数多く出てくるため前作のプレイを強く推奨しています。
また、公式HPにネタバレ事項がかなり記載されていることも前作同様注意が必要。

作品の雰囲気・細かい仕様に関しては完全に前作の物を継承しているといってよい。
前回同様「ウィッチライブラリー」と名のついたTIP等も登場しており、特に主人公&メフィストの関係などが気に入った方や前作を強く記憶している方には懐かしいシーンが多々存在していて、楽しくプレイできるだろう。
また、主人公とメフィスト以外はほぼ前作のキャラは出てこず、登場キャラクターはすべて一新されているため、新鮮な気持ちでプレイできる。

いまだに戦闘シーンや主人公の頭脳戦にはイマイチな部分もあるものの、イベントCG以外での演出や全キャラを絡めての展開が多くなっており、全体的にレベルアップしてきた印象を受けた。

ただ、前作に比べると特異なキャラが多い中で上手くキャラの魅力を伝えきれていないように思える。
舞台自体が結構特殊なため、特異なキャラがなじむまでには時間がかかる。その中でも頑張っているようには思えるが、それでも気になる所があり、また後付けに思えるような世界設定や能力等の矛盾点等もいくつか見られたた。

特に終盤にかけては今まで構築してきたストーリーが見事つながるのはよいのだが、状況説明に手いっぱいとなり、キャラの心情の変化が雑に描かれているシーンも見られた。
本来ならこの部分は、シナリオが演出やBGMと協力して泣かせることができるシーンなのだが、それを無駄遣いしており、結果として少し薄い終わり方となってしまっている。

また、攻略順を自由にしたためかネタバレと伏線が√間でぐちゃぐちゃになっており、どの攻略順であっても、どこかがネタバレしてしまう事態となっている。
(ネタバレはしなくても、不自然・意味不明な展開になることがある)
このあたりは前作同様、素直に攻略順を固定すべきであったように思える。

それぞれ細かいところではあるが、それらの問題が大きく作品に影響しているため、全体の足を引っ張っており、結果として感動・燃えの部分に関しての評価を低くしてしまっている。
大切にしたい所は守りつつ、細かく修正していけばよりよい作品へ変化できるポテンシャルを秘めた作品であることは言うまでもないだろう。

コンフィグに関しては十分そろってると言える。

【総括】
前作から確実に全体的なレベルが上がっているものの、まだまだ伸ばすことができる部分は多く、総じての評価は少し低めにさせてもらった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
相変わらずのネタバレ公式…。
そういえば、1週目だったか2週目だったかで「何回もクリアしてきて、この流れは初めてだ!」みたいなこと言われたのはびっくり。
さすがに、ここまでの自体が起こるなら攻略順はある程度決めてほしかったわ。
何故か山場シーンが無いんだよなこのゲーム。
面白いのは面白いんだけど、感情が強く動かないから勿体ないよなぁ…。
主人公はどうにも苦手のままだった…。
永遠に考える時間はあるけど、やっぱ天才と言えるまでには賢くないのか…?
それを言い出すと設定が崩れるような…、とずっと悩んでしまう作品だわ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]Hyper→Highspeed→Geniusの感想
2014-02-06 Thu 12:00
<作品名>    Hyper→Highspeed→Genius
<製作会社名>  ういんどみる

Hyper→Highspeed→Genius

シナリオ構成
S+
攻略キャラは合計10キャラ、END数は13というかなりの大作。
ルートは大まかに、皐月学園、水無月学園、聖ジュライ学園の3つの部に分かれており、全てをクリアすると葉月学園(光理√)へと進む形になっている。
光理√を除く全個別ルートはかなり短く1h程度なのだが、ルート数が多く、また上記にあるように共通ルートと言える部分が3種類あることから全体的なボリュームは普通のゲームの1.5倍以上になる。

【推奨攻略順 : 夢子→詩子→翠名END1→翠名END2→カエデ→アイリス→サクラEND2→サクラEND1→パティ→京香→姫乃END2→姫乃END1→光理END】
※HP【誠也の部屋】のEND名を参考にしています。
光理ルートのみロックがかかっているためそれ以外自由だが、皐月→聖ジュライ→水無月葉月→光理という順番は守った方がよいだろう。

CG
S-
キャラに関して線は柔らかく淡い塗だが、配色は各所ハデなところがある。
1人のCG枚数は少ないのだが、キャラが多く差分CGも多いためか、全体的な量としては普通のゲーム以上となっている。
ただ、一部の立ち絵やCGで崩れてる所も多く見られたため、少し減点した。

音楽
S
BGM27曲、Vo曲3曲という構成(OP1/ED2)。
OPはカッコイイイメージの良曲で、聞いたことある人も多いのではないだろうか。
対してのEDはどちらもしっとりとした感じの曲。
BGMに関しては戦闘(能力発動)用のイメージがつよく、あまり光る曲が見つけられなかったのが残念。
曲の層は厚かったので、その部分は評価している。

お勧め度
S
異能バトルモノ…にかろうじて分類する事が出来るが、描写は一般的。
どちらかというと頭脳戦が多いのだが、そこまで驚く展開もない。
ただ、設定が特殊だったりと目の引く所はあるうえ、ある程度のシナリオもあるため、普通にプレイする分には十分に楽しめるだろう。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。(※各キャラの能力等ネタバレ事項も書いてあるため注意)

【物語について】
「能力(ギフト)」と呼ばれる異能をもつ人々がいるという世界でのお話。
対しての主人公は努力のみでギフトに近い特技を手に入れた一般人。
そうしてある出来事を経て、主人公が世界に反旗を翻すという物語。

物語はかなり長いものの、話は簡潔にかなりサクサクすすみ文章自体も読みやすさはあるので、実際の体感プレイ時間はそう長く感じないだろう。

物語は3つに大まかに別れており、それぞれのルートでメイン一人とサブ二人の合計3人の話という構成になっているため、登場キャラは他の作品に比べてもかなり多い。
しかしながら、その中でただのサブヒロインとして扱うことなく、他のキャラ√の話と絡めて、一人一人のキャラが上手に立てられていたことに関してはかなり評価したい。
中でも別視点を用いて、それぞれのキャラの心情を描いていたのが印象的で、こういったシーンでは主人公の声もついている。
また作品の設定と絡めて「悪魔図書館」と呼ばれるTIPなども途中から機能として使用可能になるため、作品の設定やキャラ設定等は把握しやすい。

こうした状況の中で、各ヒロイン√の中身が短く薄くなってしまっている状況は残念であり、どうにかしてほしかった所である。

主人公の武器が「思考」のみであることから、作品全体的に頭脳戦を重視した物になっているのだが、残念なことに他の作品で見られるような素晴らしい頭脳戦…というシーンはあまり見られない。(良く敵に見破られたりしている)
作中では選挙活動やそれにともなった戦闘シーンなど、それらを発揮するシーンはいくつかあったのだが、それらはルートによってはかなりおざなりな扱いを受けており、このあたりが物語全体を小さく感じさせてしまった原因だろう。

特にヒロインが主人公に恋していく過程がかなり急に感じられたり、今まで気付いてきたキャラの形をかなり壊すような展開が多かった事が印象的。
それは主人公も同じで、メインルート以外に進む場合の主人公の心の動きがかなり適当な描き方をされていたのはかなり気になる所。

グランドルート扱いとなっている光理√に関しても長さはあまりなかったものの、しっかりと中身は詰まっており、今までの物語を総括する良い終わらせ方になっていた印象を受ける。

【総括】
ところどころ光る所はある話なのだが、シナリオライター、音楽等の各部分がそれぞれ一歩ずつ及んでおらず、効果的な演出が出来ていなかった。
各所の完成度を鑑みて平均程度の評価としている。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
面白かったといえば面白かったんだけど、だから何? と思ってしまうのが正直なところ。
泣くわけでもなく、燃えるわけでもなく…山場があまりねぇなぁ…とかプレイ中に思ってた。
ただ、光理ルートの最後は結構頑張ってたなぁ。
それまでの下地が全然なかったから、さすがに泣けなかったけど、全体のレベルが上がってたら泣いてたかも。
公式HPで各キャラが秘密としている能力が記載されていたのは謎だな。。。せめて名前だけとかにしておかなきゃ…。
あと、主人公の心の中(地の文)がやけに鼻につくシーンが多かったなぁ…これは個人的印象だったから評価に入れてないけど、如何してもその辺りは気になってしまった。
主人公周辺の設定とか性格に関してもだし、もう少しシナリオライターが努力する所葉いろいろとありそうだなぁ…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |