自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


いろとりどりのヒカリ のレビュー
2013-01-11 Fri 00:00
<作品名>    いろとりどりのヒカリ
<製作会社名>  Favorite

hikari.jpg
シナリオ
S++
FDなので、ルート…という感覚ではないのだが、1週目は強制で真紅√
その後、加奈、澪、鏡、つかさ√が出現、全てを終えると、藍√→真紅TUREENDの流れである。
長さは各ルート2h足らず、真紅TUREのみ他の2~3倍の長さがある。

CG
S
前作同様、淡いく綺麗な塗。
枚数もFDとしては十分なものといえる、前作のCGも若干使われている。

音楽
S+
前作の物も含めての57曲となっている。
前作品のアレンジなどもあるので、前作が気に入っていればこれも気にいるはず。
特筆すべきはOPの「ヒカリ輝くセカイ」だろう。

お勧め度
S++
FDとして、本作品より感動できた。
前作で真紅が気に入ったなら問答無用でやるべきだし、他のキャラの魅力もさらに引き立っている。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

同会社の作品「いろとりどりのヒカリ」のFDとなっており、
各キャラのアフターが基本的には描かれているものの、作品の前の話もルートによってはある。
同作品で不明、不足だった部分を完全に補った形となっている。
最初はおそらく、前作品の詳細な設定などを忘れてしまっているかもしれないが、
√を重ねるごとにほとんど思い出せてくる(回想がある)ので、やり直す必要はない。
ただ、所見では無論楽しめないので、前作プレイ必須ではある。
最初はほとんど物語の根幹を理解しないまま、物語をすすめていくことになる。
真紅AFTREがおわり、各ルートのAFTERに入るわけだが、本当に理解できるようになるのは真紅TUREに入ったあたりからだろう。
それぞれのルートもイチャラブというよりは本当にAFTERの物語をしっかり描かれており、
しっかりとした物語の根幹があるので、安定した質の高いシナリオとなっていた。
そして、真紅TUREは全ての物語の総集編ともいえる立ち位置だけに、いわずもがな。
各ルートに存在した泣きシーンについては、
これまた予想以上にしっかりと作られており、前作以上に十分感動できる内容となっていた。
個人的にも涙を何か所か(各ルートもそうだがやはり、特に真紅TUREで)流させてもらった。

システム等においては前作品同様のクオリティがそろっている。

FDなのにこの品質! FDというのが、勿体ないほどで、
期待しすぎはもちろん禁物だけど、過剰評価ではないほどの力は持っていると言えた。
よって少し高めのこの評価に。
プレイ後はすごく心が優しくなれる、そんな作品でした。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
真紅さんよりも、鈴さんの高感度がすげぇ上がった俺がいる。
あの別れのシーンは久しぶりに涙が止まらんかった。ありがとう! 泣かせてくれて!
”言葉”はイキモノだな。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |