自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]時を紡ぐ約束の感想
2016-04-30 Sat 00:00
<作品名>    時を紡ぐ約束
<製作会社名>  あっぷりけ

時を紡ぐ約束

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラ、共通ルートは一般的な長さだが共通は若干長め。
キャラ数とかんがみるとボリュームは平均的と言える。

【推奨攻略順 : 心春→穂乃香→唯依→美咲】
美咲√のみ、3キャラ攻略後。
他のキャラに関しては自由ではあるのだが、若干のネタバレ等を防ぐためにこの順番が望ましいかも。

CG
S
細い線に淡い色使い、髪には妙なてかりがあるイベントCG。
キャラ数が少ないこともあって、1キャラに対する枚数は割と多め。
立ち絵にはどことなく全体的にバランスの違和感を感じる事もあるかも。
長時間のプレイで慣れるほか、プレイするのに気になるレベルではない。

音楽
S++
BGM31曲、Vo曲4曲(OP1/ED2/挿入歌1)という構成。
※BGMの中には一部Vo曲アレンジBGMも含んでいる。
全体的に舞台に併せたゆったりして落ち着けるものが多いBGM。
Vo曲は作中の挿入歌として祭り用の歌が入っていたりと突飛なものも存在。
物語をリードできるほどではないけれど、十分に役割を果たす、全体的に堅実には作られているイメージ。

お勧め度
S-
要素として「温泉宿」「孤児院育ち」「魔法使い」「疑似親子」という複数の要素を持っている。非常に魅力的ではあるが、だからこそ全体的に主軸となるべき部分があいまいになっており上記のような要素が好きな方でも、思った以上にすべてを活かし切れていないので、注意が必要。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品の舞台は湯ノ原、名前の通り少し田舎の温泉町。
その町にある一軒の温泉宿に住み込みでバイトをすることになった主人公。
"娘"のみりあを連れての新しい生活を始める、というのが今回の作品。

実は主人公は時間を消費することで魔法が使えたり、過去にはとある劣悪な施設で育ったという背景をもち、そこで大切な人と別れた過去を持っていたり、他にも途中から学園に通うことになったり、と設定には事欠かない。
もちろん、一つ一つは物語を形作るうえで大切なものだということは言うまでもないが、いささかこの短い作品の中に込めすぎたな~というのが正直な印象。

基本的にこの作品は奇を衒ったものではなく、あくまでも「ヒューマンドラマ」を押している作品で「魔法使い」の設定などは正直なところあまり活かせていない。
娘役であるみりあに関しても、最初こそ「自分の娘だ」とかなりの世話を焼いているが、√によってはかなり放置が進み、結局は旅館の女将さんに甘えてしまっているのが現状。
みりあの存在がある程度メイン(?)になるような√でも、設定をうまく使いきれず、消火不十分のまま物語がハッピーエンドで終わるのを眺めることになるのは、物語としてすこしつまらなく感じてしまう。
やはり、繊細な子供を物語に登場させて主軸の一つとして取り入れていくのならば、心理描写を含めて細かい気配りが必要になるであろう。

関連があるのかはわからないが、一点が悪くなっていったため、他の部分にまで問題は波及しており、みりあだけではなく各ヒロインについても√間の補正が取れていなかったり、キャラクターがぶれたり(みりあの面倒を一切見ないと言った女将がすぐに面倒をよく見てくれていたり…)と、シナリオ自体もだがそういった物語の大切な構成要素の一部が崩れているためにどうしても評価の下がる作品となっている。

せっかくなきシーンのようなものもいくつか用意されているのだが、いかんせん感情移入度が低くどうしても泣けない作品になってしまっているのが残念なところ。

コンフィグに関しては問題なし。

【総括】
シナリオが完全に足を引っ張っており、いろいろなところを取り入れすぎて、最終的に平均より下の作品になってしまった典型であり、厳しいがこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
やっぱどうしても、いろいろ設定詰め込みすぎた印象が強すぎた。
うまい作品はこれらの条件でも上等な名作を生み出すのかもしれないが、とりあえずはどこか一つ本当に伝えたかったことをしっかりと伝えられるような作品というのを作ってほしいというのがホンネ。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]花の野に咲くうたかたのの感想
2015-05-01 Fri 00:00
<作品名>    花の野に咲くうたかたの
<製作会社名>  あっぷりけ

花の野に咲くうたかたの

【さわり】
他人の色が見えてしまう主人公は一人暮らしにあこがていたのだが、
ついに『桜花荘』に住むことになった。
しかし、誰もすんでないはずのそこで、出会ったのは一人の女の子。
なぜか色が無い彼女は実は幽霊で、様々な問題をともに解決していくことになる。

シナリオ構成
S+
攻略キャラは5キャラ、長くはないものの1キャラに対して複数のENDがあるものも。
共通の長さも結構あるので、ボリューム的に考えると平均よりは若干多いと言えるだろう。

【推奨攻略順 : 涼子→麗奈→雫1→雫2→雫3→汐音→桜花→TRUE1→TRUE2】
汐音までの攻略順に指定はほとんど指定が無いが、この順番が安定だろう。
逆にそれ以降はほぼ一本道のはず。

CG
S
線が細く淡い塗。
立ち絵では柔らかさを感じる絵で違和感なく受け入れられる。
どちらかというと、CGの方がクセが出ており硬さを少し感じてしまう物もあるかもしれないが、基本的に全体的に美麗であることは否定できないだろう。

かなりコミカルな部類ではあるものの、SD絵もいくつか存在している。

音楽
S++
BGM30曲、Vo曲3曲(OP/ED/挿入歌)という構成。
BGMではVo曲をアレンジしたもの等素晴らしいものがそろっていた印象で、特にアップテンポの曲(戦闘シーンやGOODENDっぽいもの)である「これからの日々-彩の花-」などが光っていた印象。
Vo曲のOPは日本っぽいサウンドになっていたり、挿入歌は思わずホロリときてしまうものであったり、EDもしっかりと良い雰囲気で締めてくれていて全体的な完成度が高い。
ぜいたくを言うならば、2ndOPは違う曲でもよかったかもしれないな。

お勧め度
S+
推理物に分類される作品なので、そういった作品に興味がある方にはお勧めしやすい他、日本伝奇的な要素も入っている。
物語にだれる部分が少なく、全体的な完成度も高いため素人から玄人まで広く勧めやすい作品と言えるだろう。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

他人の色が見える主人公と幽霊の少し不思議なお話。
序盤から中盤に至るまで、物語の展開の方法は大きく変わることが無く、主人公が出会う奇妙な事件、その内容を幽霊の「桜花」に告げることで事件が解決に向かうという、安楽椅子探偵のような物語になっている。
(実際は外に出て行動することが多いが)

後半に進むにつれてそういった体はかわり、日本伝奇的な要素を加えつつ主人公と桜花の秘密について分かってくる仕様となっている。

物語の形だけに共通のメインとなってくるのは、不可解な事件と桜花の解決シーンとなってくるのだが、これがなかなかに面白いので全体的な質の底上げとなっている。

その中で少し残念なのは個別ルートにあまり力が入れられて無いという事。
無論、それぞれある程度のシナリオはあるのだが、どうしても共通√を基準にして考えると長さや内容が物足りないものとなってしまっている。

攻略に関してはいつものあっぷりけらしく、フローチャートが付いているためかなり容易。
また、合い間にミニストーリーのようなものも追加され、全てを見るとさらにボーナスシーンがみられる。

物語として大詰めとなるTRUE√については内容をあまり深く語ることはしない。
しかしながら、きっちりと泣けるような話になっていた事だけは言っておきたい。

作品中には謎解きシーン以外にもバトルシーンや上記のような泣きシーンもあり、そのどれもがある一定以上の質であったので、広く楽しめるシーンはあるだろう。
全体的なシナリオの作りこみという意味でならとてもよい作品なのだが、ただキャラ単体に対する書き込み度や魅力といった点に関してはどうしても消化不良な部分が出てくるかもしれない。

その辺りに関してはメインヒロインである桜花がある程度頑張っているので、彼女が好きになれるのかなれないのかで、作品の根本的な価値が大きく変わってしまいそう。

コンフィグに関しては十分で、システムに関しては問題ないが、パッチを当てるのを忘れないように。またシステムボイスはない。

【総括】
純粋な推理物として扱うには少し難しい作品ではあるものの、内容に関しては十二分に面白く保証できるものなので、この評価にでも抑え気味と言えるほど。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
安楽椅子探偵物って書いたけど、ホントきっかけ部分になる話だけで、後半はアクティブに絡んでいく部分も多いしなぁ。
こういった作品で推理物と表記するのは微妙に迷ってしまう部分は多い。
しかしまぁ、いろいろと納得できる設定の説明されたし、なんだかんだでいい終わり方だったから素直にいい作品と言えるわな。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
Re:birth colony -Lost azurite- のレビュー
2013-01-05 Sat 00:00
<作品名>    Re:birth colony -Lost azurite-
<製作会社名>  あっぷりけ


シナリオ
S+
ルートは4本。3本をクリアすると最後の1本が出現する。
どのルートも全7章仕立てで、OPは3章の終わりに挿入される。
アズライトを最後に回せば、基本的に攻略順はないが、推奨攻略順は
セルシア→瑠璃→ノイエ→アズライトであり、物語の真相への踏み込み具合もこの順番になっている。

CG
S
枚数としては一般的で、線質の堅い、丁寧に描かれたCGが特徴で、
立ち絵等、綺麗なものと汚いものの差がほとんどなく、質は総じて高い。
少ないながらもSD絵もある上、演出的な見せ方もしており、これに関しては高評価。

音楽
S+
BGM30曲、Vo曲4曲となっており、量としては十分。
BGMは作品の雰囲気上、電子的?なものが多い。少し破壊力は足りなかったか。
Vo曲のうちOP・ED以外の1曲は挿入歌、もう1曲は前作品OPのアレンジであり、こちらは十分な質である。

お勧め度
S++
前作をやっていなくても普通にプレイできるので安心を。(続編ではない)
すこし、コンピューター的話も多く、理解しにくい部分もあるかもしれないがあの手この手で説明はしている。
ある意味新鮮な一作なので、プレイしてみると見方が一気に変わる作品かも?

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

異様な雰囲気から始まるこの作品。
じつは同系列会社あっぷりけ妹の作品「フェイクアズール・アーコロジー」の同世界として描かれており、
設定は殆どそれをコピーしているので、前作をやっていればわかりやすくなるのは確か。
作品内には前作に関連したキャラがヒロインになってたり、多少前作の話・キャラなどが出てくる。
しかしながら、前作をプレイしなくてもTIPSや「3分ハッキング」(ショートストーリー)などで説明をしてくれるので、必要な知識という点では不足はないだろう。
他の作品でも見られるような、未来の話で、それに関連してコンピューター的な(作品内では形を変えているが)戦闘がこの物語のかなめとなっており。
クラッキング等、そういった分野の知識はあるとさらに理解しやすいかも?(なくてもTIPSがあるので通常程度あれば問題ない)
しかしながら、ここまで努力はしているものの、少し説明べたがあるところは否めなく、
また途中の他の選択肢で起こった事を説明したりするのも少し下手なところがある。
また、作品の雰囲気(特に日常)もすこし、普通の作品とは違う、クセみたいなものがある。
なので、前作をやっていない場合は、少し慣れるまでに時間がかかるかもしれない。
ただ、この作品のすごいところは6章までほとんど同じ流れなのに対し、7章からガラリと動きを変えるところ。
個人ルートに入るのが7章からなので、CG系もここからバンバン出てくる。
また安直にHAPPYENDにならないこともあるので、そういったところも評価。
起承転結の「転」の少し後からが評価できる物語、ということである。
ということで、各章1hほど、7章のみ3hほどとなっている。
泣きシーンについてはBGMはあまり手伝わなかっただろう。
なので、そういうシーンがある事については否定しないが(特にアズライト√や瑠璃ルート)
涙腺決壊というまでには至らなかったのは確か。
日常から感じていたところなのだが、
普通の作品とは少し別のテイストで終わらせるのが目を引くところ。
どう言えばこの作品が、正当な評価の言葉になるのか非常に迷いどころであるが。
最高の作品ではなかったが、一つベクトルの違う、見どころのある作品だった、というのは確か。
いろいろな部分を鑑みるとこのあたりの評価が、妥当だろうか。
おそらくこの作品に関しては、感想を求めるよりプレイした方がかなり速いだろう。

コンフィグに関して、ほとんど完璧なのだが、文字速度が変だった?(ノーウェイトにならない)
みたいな部分があった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
全体的にみると、少しぱっとしないかもしれないけど、ところどころ光ってるんだよなぁ。
全体的にはうまくまとまっている感じはするんだけどね。
最後の方で前作のOPが流れるシーンがあるんだが、無駄に燃えてしまったwww
やってないんだけど、気になるから情報調べた…。ほんとこれの為だけにやりたくなったよ。
やって無くてもいいけど、やった方がすげぇ楽しめる!! とだけ、俺は言っておく。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
黄昏のシンセミア のレビュー
2010-09-02 Thu 00:00
<作品名>    黄昏のシンセミア
<製作会社名>  あっぷりけ
黄昏のシンせミア
シナリオ
S+
学園要素は0の和風伝奇的なお話。攻略キャラはサブヒロインも含めて8人でそのすべてにENDがある。
また1キャラに複数のENDやBADENDも用意されているため、非常に数が多い。
その分シナリオのボリュームもかなりのものになっており、すべてを攻略するには時間がかかる。

CG
S
シナリオに見合った量で枚数も多く、質も高い。
しいて言うなら、若干流血CGがある、しかしグロというほどのものではない。

音楽
S+
音楽の量も多く、挿入歌を含め、歌入りのものも質は高く、泣くためのBGMも存在する。
ただ、演出という意味でアカペラの唄のゲーム内での扱い方はもう少し考えたほうがいいのかもしれない。
何度も言うが、曲に問題はない。

お勧め度
S+
あっぷりけの第3作目。舞台も普通の日本の田舎を想定されており、非常に受け入れやすいものがあるが、
前作「コンチェルトノート」のように、若干SF的要素は強い。
日常シーンもそれと比べるとまた長く、初心者すぎる人にはお勧めしたくはない。

総合評価
S+
ストーリー
↑クリックすれば作品ホームページに飛びます。

システム面の話をすれば出てくるのがこの会社独特のシステム、フローチャートシステム。
前作よりさらに進化したこのシステムはすべてのイベントを見るのに非常に役に立ち、攻略にも欠かせない、
好きなシーンを好きな時に見られるのも魅力。
サブヒロインのルートに関してはヒロインと比べると短めに設定されており、ヒロインのルートはその分長く書かれている。
日常の掛け合いなど、非常にテンポのいい部分があった分、泣きどころも期待していたが、
感動させるべき場面などでの押しが弱いように感じる。
ただ、すべてのルートをクリアして現れるシンセシアのエピソードは、非常に高い完成度のものだと言える。
たどり着くまでは大変だが、すべてをひっくるめてこの評価。
泣きの押し引きに関してもう少し演出、文章などをなどを勉強すればさらにいい作品が生まれるだろう。
あっぷりけの次回作は学園物?といううわさもあるので、違うところからのアプローチにどの程度の成果を出せるのか
注目して行きたい会社でもある。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
泣きゲーとしては少々力足らずのものがあるが、伝奇物の作品としては十分。
また、ある一部のシーン「ジャスコ」等で有名になっている作品でもあるため、
気になった方はプレイしてみるとよい。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
コンチェルトノート のレビュー
2009-10-17 Sat 12:00
<作品名>    コンチェルトノート
<製作会社名>  あっぷりけ

コンチェルトノート

シナリオ
S+
攻略対象のキャラは5人で、それぞれにBADエンドっぽいものを含め複数ENDが存在している。
長さは全体的に見ると普通くらいになる。

CG
S--
枚数は普通くらいで、綺麗な立ち絵やCGとそうでないものがある。
綺麗なものは息を呑むほどではあるが、他のものが足を引っ張ってこの評価。
全体的にも綺麗といえるだろう。
また起動画面では起動時間により、昼や夜の絵になるなど細かいところにも気が配られている。

音楽
S+
OPやED、挿入歌などの評価は高く、特にOPは気に入った。
さらに評価するなら、レベルの高いBGMだろうか。
思わずサウンドトラックなどほしくなるほど。

お勧め度
S+
シナリオやCG、音楽、「泣き所」等考えても、一般的かそれ以上といったところ。
始めてやるにも申し分ないし、長年やってきた人でも納得できる作品ではある。
隠れた名作ということでこの評価。

総合評価
S+
子供の頃から不幸な、主人公・倉上 進矢。
不運続きの彼は入院で進学すら危うくなる。
そんな彼にかつての幼馴染、神凪莉都が手を差し伸べる。
故郷で心機一転、新しい学園生活を始めていた彼は小さな少女と出会う。
そして、紡がれる物語――ヒロイン達との出会いと絆の日々が始まる。

舞台設定などが案外新鮮で、全体的に見ても平均以上のこの物語。
日常、戦闘、泣きシーンなどの記述、演出はかなりのもの。
しかし、説明部分がやはり分かりにくい。
図などを駆使したり、何度も確認することで、多少そこら辺も我慢は出来る。
システムなどでは、特徴的なものとしてフローチャートと呼ばれる機能もある。
通ってきたシナリオがシーンごとに保存され、ENDまでたどり着くと、今まで通ってきたチャート(シーン)を手に入れられる。
その後はセーブデータのように好きなシーンから始めることもでき、現在自分がどのルートへ向かっているか、通っていないルートを確認するためなどさまざまな時に役立つ。
ただまぁ、使い方によっては欠点も見えてくるシステムである。
キャラごとに長さの違いが結構あり、泣きシーンはそれぞれに複数ある。
ただ、泣きシーンというより、鳥肌? 燃えシーンの方が多かった気もする。
「泣き」シーンも破壊力はあるのだが、自身の涙腺決壊というものでもない。
ただ、はまる人はあのシーンで必ず泣くな…演出もほぼ完璧といっていいし。
さらに注目したいのはBADENDっぽいもの。
もちろん、決して幸せとはいえない終り方なんだけど、物語自体に深みがあるからなのか、そのENDにも納得してしまうし。
GOODENDも含めて、全てのENDがちゃんと物語が終ったという感じがして、個人的に高評価。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
全体的にいろいろと頑張っていた印象がある。
特に泣きシーンもあるのだが、それ以外のシーンも十分に頑張っていたので、
いろいろな人のプレイに耐えうる作品ともいえる。
新鮮な気持ちでプレイできる作品、ということでお勧めの泣きゲー。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |